このカメラには撮影領域を拡げるさまざまなアクセサリーが用意されています。

使用できるアクセサリーについて
  • 国または地域によって、販売していないまたは販売が終了している場合があります。

  • アクセサリーの最新情報は、当社ホームページやカタログなどでご確認ください。

電源
  • Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15c:ニコンデジタルカメラZ 7II/Z 6II用のバッテリーです。

  • バッテリーチャージャーMH-25a:Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15c用のチャージャーです。

  • パワーバッテリーパックMB-N11/バッテリーパックMB-N10:ニコンミラーレスカメラ用のバッテリーパックです。カメラ本体に取り付けて、Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15c(最大2個)を電源として使用できます。

    • MB-N11には縦位置シャッターボタンとメインコマンドダイヤル、サブコマンドダイヤル、マルチセレクター、Fnボタン、AF作動ボタン(AF-ONボタン)が装備されているので、縦位置での撮影に便利です。

    • EN-EL15c の代わりにEN-EL15b/EN-EL15a/EN-EL15も使えます。ただし、EN-EL15cを使用したときよりも撮影可能コマ数(電池寿命)が減少します(撮影可能コマ数(電池寿命)について)。

    • 本体充電ACアダプターEH-7Pをバッテリーパックの充電用端子に接続することにより、バッテリーパック内のバッテリーへの充電ができます。MB-N11をお使いの場合、バッテリーパックを取り付けたままのカメラへの給電もできます。

    • バッテリーパックのカメラへの取り付け方と取り外し方、詳しい使い方、および取り扱い上のご注意について、MB-N10はバッテリーパックの説明書をご覧ください。MB-N11は「別売パワーバッテリーパックMB-N11について」(別売パワーバッテリーパックMB-N11について)をご覧ください。

  • 本体充電ACアダプターEH-7P:バッテリーを挿入したカメラ本体に接続して、バッテリーを充電できます。

    • カメラの電源がONの場合は充電できません。

    • EN-EL15aまたはEN-EL15を使用している場合は、本体充電ACアダプターでの充電はできません。

    • セットアップメニュー[USB給電]が[有効]の場合、カメラに給電できます。詳しくは「USB給電」(USB給電)をご覧ください。

  • パワーコネクターEP-5B、ACアダプターEH-5d/EH-5c/EH-5b:ACアダプターを使用すると、長時間カメラを使用するときに安定して電源を供給できます。

    • このカメラは、カメラ本体とACアダプターを接続するためにパワーコネクターEP-5Bが必要です。カメラとパワーコネクター、ACアダプターを接続する方法については、「カメラとパワーコネクター、ACアダプターの接続方法」(カメラとパワーコネクター、ACアダプターの接続方法)をご覧ください。

  • 日本国外でお使いになるには、別売の電源コードが必要です。

フィルター
  • フィルターをレンズ保護のために常用する場合は、ニュートラルカラーNCをお使いください。

  • 逆光撮影や、輝度の高い光源を画面に入れて撮影する場合は、フィルターによって画像上にゴーストが発生するおそれがあります。このような場合は、フィルターを外して撮影することをおすすめします。

  • 露出倍数のかかるフィルター(Y44、Y48、Y52、O56、R60、X0、X1、C-PL(円偏光フィルター)、ND2S、ND4S、ND4、ND8S、ND8、ND400、A2、A12、B2、B8、B12)を使用する場合、マルチパターン測光の効果が得られない場合があります。その場合、測光モードを[中央部重点測光]に切り換えて撮影することをおすすめします。詳しくは、各フィルターの使用説明書をご覧ください。

  • 特殊フィルターなどを使用する場合は、オートフォーカスやピント表示(I)が行えないことがありますのでご注意ください。

リモートコード

リモートコードMC-DC2(長さ:約1m):リモートコードMC-DC2をカメラのアクセサリーターミナルに接続すると、カメラから離れてレリーズ操作ができます。

USBケーブル
  • USBケーブルUC-E24:カメラ側がType-C、USB機器側がType-AのUSBケーブルです。

  • USBケーブルUC-E25:両端がType-CのUSBケーブルです。

HDMIケーブル

HDMIケーブルHC-E1:カメラ側がType C、HDMI機器側がType AのHDMIケーブルです。

ホットシューアダプター

ホットシューアダプターAS-15:アクセサリーシューに装着すると、シンクロターミナルを利用してスタジオ用フラッシュなどを接続できます。

アクセサリーシューカバー

アクセサリーシューカバーBS-1:スピードライトを取り付けるアクセサリーシューを保護するためのカバーです。

ボディーキャップ

ボディーキャップBF-N1:レンズを取り外したカメラボディーに取り付けることにより、ゴミやほこりの付着を防ぎ、カメラ内部を保護します。

ファインダー用アクセサリー

接眼目当てDK-29:接眼部に取り付けて使用する、ゴム製の接眼目当てです。ファインダー視野がよりはっきり確認でき、目の疲れを軽減します。

取り外し方

取り付け方

スピードライト
  • スピードライトSB-5000/SB-910/SB-900/SB-800/SB-700/SB-600/SB‑500/SB-400/SB-300/SB-R200:カメラに装着してフラッシュ撮影できます。お使いのスピードライトによっては、カメラから離れた位置にあるスピードライト(リモートフラッシュ)をワイヤレスで制御して、増灯撮影することもできます。

  • ワイヤレススピードライトコマンダーSU-800:ワイヤレスでSB-5000、SB‑910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-500、SB-R200を制御するコマンダーです。スピードライトを3つのグループに分けて光制御できます。SU‑800には発光機能はありません。

マウントアダプター

マウントアダプターFTZ:Fマウント用のNIKKORレンズをZマウントのレンズ交換式デジタルカメラに取り付けるためのアダプターです。

  • マウントアダプターFTZのカメラへの取り付け方と取り外し方、マウントアダプターのお手入れと取り扱い上のご注意については、マウントアダプターの説明書をご覧ください。

  • マウントアダプターをカメラに装着したときに、バージョンアップを促す警告メッセージがカメラに表示された場合は、最新版にバージョンアップしてください。ファームウェアのバージョンアップ方法については、当社のホームページでご確認ください。

外部マイク
  • ステレオマイクロホンME-1:ステレオマイクロホンME-1を外部マイク入力端子に接続すると、ステレオ録音ができます。また、動画記録中にオートフォーカスでピント合わせをしたときに生じるレンズの動作音などが録音されるのを軽減できます。

  • ワイヤレスマイクロホンME-W1:Bluetooth無線通信技術を搭載したワイヤレスマイクロホンです。カメラの動画撮影時に離れた場所の音声を収音できます。

ワイヤレストランスミッター

ワイヤレストランスミッターWT-7:カメラで撮影した画像をワイヤレスで転送したり、別売のCamera Control Pro 2を使ってパソコンからカメラを遠隔操作できます。さらに、パソコンやスマートフォンのWebブラウザから画像の閲覧やリモート撮影ができます。

  • ワイヤレストランスミッターをお使いいただく場合は、LANの知識および環境が必要です。ワイヤレストランスミッターで使用するソフトウェアは、必ず最新版にバージョンアップしてお使いください。

ワイヤレスリモートコントローラー
  • ワイヤレスリモートコントローラーWR-R10/WR-T10

    • ワイヤレスリモートコントローラーWR-R10をカメラのアクセサリーターミナルに装着すると、ワイヤレスリモートコントローラーWR-T10からの操作で無線での遠隔撮影を行えます。

    • WR-R10を使用して、電波制御に対応したスピードライトを制御することもできます。

    • WR-R10を装着したカメラを複数台用意してWR-R10をペアリングすると、複数のカメラを連動してシャッターをきる連動レリーズを行えます。

    • WR-R10を装着するときは、USB/HDMI/アクセサリーターミナル端子カバーをすべて開けてください。

  • ワイヤレスリモートコントローラーWR-1:WR-1は、他のWR-1やWR‑R10またはWR-T10と組み合わせて、送信機または受信機として使います。WR-R10または受信機に設定したWR-1をカメラのアクセサリーターミナルに取り付けると、送信機に設定したWR-1からの操作で、遠隔撮影したりカメラの設定を変更したりすることができます。

    • WR-R10と組み合わせてワイヤレスリモートコントローラーをお使いいただく場合は、WR-R10のファームウェアをVer.3.0以降、WR-1のファームウェアをVer1.0.1以降の最新版にバージョンアップしてください。ファームウェアのバージョンアップ方法については、当社のホームページでご確認ください。WR-R10のファームウェアをVer.2.0以前からVer.3.0以降にバージョンアップする場合は、ニコンサービス機関にお問い合わせください。

HDMI/USBケーブルクリップについて

付属のHDMI/USBケーブルクリップを取り付けると、カメラから別売のHDMIケーブルやUSBケーブルが不用意に外れることを防ぐことができます(HDMI/USBケーブルクリップは、市販のHDMI端子用ケーブルで使用できない場合があります)。

  • ここではUSBケーブルを使って説明しています。HDMIケーブルをお使いの場合、HDMI/USBケーブルクリップのもう一方の穴に通してください。

  • HDMI/USBケーブルクリップを使用するときは、画像モニターを収納してください。

    • HDMI/USBケーブルクリップの突起部をカメラのくぼみに引っかけてから取り付けます。

    USBケーブルを使用する場合

    HDMIケーブルとUSBケーブルを同時に使用する場合

アクセサリーシューカバーの取り付けおよび取り外し方

アクセサリーシューカバーBS-1を取り付けるには、カバーを図のようにカメラのアクセサリーシューに差し込みます。取り外すときは、カメラをしっかりと支えて、カバー全体を親指で押さえながら矢印の方向にスライドさせます。

別売パワーバッテリーパックMB-N11について

各部の名称と機能

MB-N11の各部の名称と機能は次の通りです。

1

接点端子キャップ

MB-N11の電源接点/信号接点を保護します。

2

信号接点

3

電源接点

4

縦位置マルチセレクター

カスタムメニューf9[MB-N11のボタンの機能]で機能を設定できます。

5

縦位置AF-ONボタン

カスタムメニューf9またはg7[MB-N11のボタンの機能]で機能を設定できます。

6

縦位置メインコマンドダイヤル

対応するカメラ本体の操作部と同じ機能になります。

7

バッテリー室カバーロック解除ボタン

「MB-N11にバッテリーを入れる」(MB-N11にバッテリーを入れる)、「バッテリー室カバーが外れたときは」(バッテリー室カバーが外れたときは

8

バッテリー室カバー

9

充電用端子カバー

別売の本体充電ACアダプターEH-7Pを接続するときに使用します。

10

充電用端子

11

LEDランプ(2カ所)

バッテリー充電中に点灯します。

12

カメラ取り付けネジ

MB-N11をカメラに取り付けるときに使用します。

13

カメラ取り付けノブ

14

バッテリー室

バッテリーホルダーを入れます。

15

バッテリーホルダーロックレバー

MB-N11に入れたバッテリーホルダーを固定します。

16

パワーコネクターカバー

別売のパワーコネクターEP‑5B装着時に使用します。

17

三脚ネジ穴

18

カメラ用バッテリー室カバーホルダー

取り外したカメラのバッテリー室カバーを収納します。

19

縦位置サブコマンドダイヤル

対応するカメラ本体の操作部と同じ機能になります。

20

ロックレバー

誤作動を防ぐため、MB-N11の各ボタンやダイヤル、マルチセレクターをロックできます。

  • ロックレバーは電源スイッチではありません。カメラの電源のON/OFFはカメラ本体の電源スイッチで切り換えてください。

21

縦位置シャッターボタン

対応するカメラ本体の操作部と同じ機能になります。

22

縦位置Fnボタン

カスタムメニューf9またはg7[MB-N11のボタンの機能]で機能を設定できます。

23

バッテリー装着部A

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15cを1個装着できます。

24

バッテリー電源接点(2カ所)

「MB-N11にバッテリーを入れる」(MB-N11にバッテリーを入れる

25

バッテリー装着部B

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15cを1個装着できます。

26

バッテリーホルダー電源接点

「MB-N11にバッテリーを入れる」(MB-N11にバッテリーを入れる

27

バッテリーロックレバー

バッテリー装着部Aに装着したバッテリーを固定します。

28

バッテリーホルダー

「MB-N11にバッテリーを入れる」(MB-N11にバッテリーを入れる

カメラにMB-N11を取り付ける

MB-N11を取り付ける前に、カメラの電源をOFFにしてください。また、取り付け中の誤操作を防ぐため、取り付けが完了するまでMB‑N11のロックレバーをL(ロック)側にセットしてください。

  1. MB-N11の接点端子キャップを取り外す

    取り外した接点端子キャップはなくさないように保管してください。

  2. カメラの底面にあるバッテリー室カバーを取り外して、MB-N11のカメラ用バッテリー室カバーホルダーに収納する

    カメラにバッテリーが入っている場合は、バッテリーを取り出してください。

  3. MB-N11をカメラに取り付ける

    カメラ取り付けノブをFLOCKの指標の方向に回して固定します。

カメラからMB-N11を取り外す

MB-N11をカメラから取り外す場合は、カメラの電源をOFFにして、カメラ取り付けノブを装着時と反対方向に回します。MB-N11をカメラから取り外したあとは、カメラ用バッテリー室カバーホルダーに収納しておいたバッテリー室カバーをカメラに取り付けます。

  • MB-N11をカメラに取り付けていないときには、必ず接点端子キャップをMB‑N11に取り付けてください。

MB-N11にバッテリーを入れる

MB-N11は、Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15c(最大2個)を使用します。バッテリーを入れる前に、カメラの電源をOFFにしてください。また、バッテリー交換中の誤操作を防ぐため、交換が完了するまでMB-N11のロックレバーをL(ロック)側にセットしてください。

  1. バッテリー室カバーロック解除ボタンを押しながら、バッテリー室カバーをスライドさせて開ける

  2. バッテリーホルダーロックレバーを矢印の方向に押して、バッテリーホルダーを取り出す

  3. バッテリーホルダーにバッテリーを装着する

    図のようにバッテリーを装着します。装着部Aのバッテリーは、バッテリーロックレバーで固定されるまで奥に入れてください。

  4. バッテリーホルダー電源接点をバッテリー室の奥に向けて、バッテリーホルダーを入れる

    バッテリーホルダーロックレバーをバッテリーホルダー底面で押しながら、バッテリーホルダーを入れます。バッテリーホルダーロックレバーで固定されるまで奥に入れてください。

  5. バッテリー室カバーを押さえながら、スライドさせて閉じる

バッテリーを取り外す

バッテリーホルダーを取り出した後、図のように取り外してください。

バッテリー装着部Aのバッテリーのみ交換する
  • バッテリー装着部Aは、バッテリーホルダーを取り出さずにバッテリーを交換できます。バッテリーを装着するときは、バッテリーがバッテリーロックレバーで固定されるまで奥に入れてください。

  • 取り出すときは、バッテリーロックレバーを図の矢印の方向に押し、バッテリーを引き抜いてください。

撮影を中断せずに電池を交換する

バッテリーを2個装着している場合、カメラの電源をONにしたまま装着部Aのバッテリーを交換することができます。長時間カメラを使用する場合に便利です。バッテリーを交換するときに、誤ってバッテリーホルダーロックレバーを押してバッテリーホルダーを取り出さないようにご注意ください。

カメラへの電力供給(給電)について
  • バッテリーを1個だけ装着する場合、バッテリー装着部AまたはBのどちらに装着してもカメラに電源を供給できます。

  • バッテリーを2個装着する場合、カメラは装着部Aのバッテリーから使用します。装着部Aのバッテリーの残量が無くなると装着部Bのバッテリーに切り替わります。

本体充電ACアダプターを使ってバッテリーを充電する

別売の本体充電ACアダプターEH-7Pを使って、MB-N11に装着したバッテリーを充電できます。

  1. 本体充電ACアダプターEH‑7PをMB-N11の充電用端子に接続する

    • カメラの電源はOFFにしてください。カメラの電源がONのときは充電できません。

    • MB-N11をカメラに取り付けなくても充電できます。その場合は、必ず接点端子キャップをMB-N11に取り付けてください。

  2. 本体充電ACアダプターを家庭用コンセントにつなぐ

    • カメラの電源がOFFの間、充電を行います。

    • 充電中は、充電しているバッテリー側のLEDランプが点灯します。充電が終わると、LEDランプが消灯します。

    • バッテリー2個のフル充電までに約5時間30分かかります(それぞれ残量のないバッテリーの場合)。

    • バッテリーが2個入っている場合、バッテリー装着部Bのバッテリーから充電します。

    • 国または地域によって、EH‑7Pの形状は異なる場合があります。

  3. 充電が終わったら本体充電ACアダプターをコンセントから外し、MB-N11の充電用端子からケーブルを外す

バッテリー充電時のご注意
  • MB-N11をカメラに装着しているときは、EH‑7PをカメラのUSB端子に接続しても、バッテリーの充電はできません。EH‑7PはMB-N11の充電用端子に接続してください。

  • EH-7Pを使って充電できるバッテリーは、EN-EL15cまたはEN-EL15bのみです。EN-EL15aまたはEN-EL15を使用している場合は、EH-7Pでの充電はできません。バッテリーチャージャーMH-25aをご使用ください。

  • 本体充電ACアダプターでの充電に対応していないバッテリーを使用している場合や、バッテリーパックが高温になった場合など、バッテリーを充電できないときはLEDランプが30秒間素早く点滅してから消灯します。

本体充電ACアダプターを使ってカメラに給電する

別売の本体充電ACアダプターEH-7PをMB-N11の充電用端子に接続すると、MB-N11を装着したままカメラに給電できます。

バッテリー給電時のご注意
  • 給電を行うには、MB-N11のバッテリー装着部Aおよび装着部Bのどちらかあるいは両方にバッテリーが装着されている必要があります。EN-EL15c/EN‑EL15b/EN-EL15a/EN-EL15のいずれを使用してもEH-7Pでの給電が可能です。

  • 給電中はバッテリーの充電は行われません。詳しくは「「給電」と「充電」について」(「給電」と「充電」について)をご覧ください。

  1. 本体充電ACアダプターEH-7PをMB-N11の充電用端子に接続する

    カメラの電源はOFFにしてください。

  2. 本体充電ACアダプターを家庭用コンセントにつなぐ

    国または地域によって、EH-7Pの形状は異なる場合があります。

  3. カメラの電源をONにして、セットアップメニュー[USB給電]を[有効]に設定すると、給電が開始されます。

  4. 給電を終えるときは、本体充電ACアダプターをコンセントから外し、MB-N11の充電用端子からケーブルを外す

別売のACアダプターとパワーコネクターで給電する

別売のACアダプターEH-5dとパワーコネクターEP‑5Bを使うと、長時間カメラを使用するときに安定して電源を供給できます。MB-N11とACアダプターを組み合わせて使う場合は、EP-5Bをバッテリーホルダーのバッテリー装着部Aに装着してから、EP-5BとEH-5dを接続してください。

  • EH-5dの代わりにEH-5c/EH-5bも使えます。

  • EP-5Bは、装着部Aにのみ装着できます。

  • EP-5Bを装着してバッテリーホルダーを入れるときは、MB-N11のパワーコネクターカバーを開けて、EP-5Bのコードを通してからバッテリー室カバーを閉めてください。

  • 装着部Bにバッテリーを装着する必要はありません。装着部Bにバッテリーを入れた状態でACアダプターとパワーコネクターでカメラに給電した場合、装着部Bに入れたバッテリーは使用されません。

  • EP-5Bを装着しているときは、装着部Bにバッテリーを装着した状態で本体充電ACアダプターを接続しても充電および給電されません。

MB-N11内のバッテリーの残量を確認する

MB-N11を取り付けた状態でカメラの電源をONにすると、撮影画面および表示パネルに現在使用しているバッテリーの残量が表示されます(バッテリー残量について)。

  • バッテリー装着部A、Bのどちらに装着されているバッテリーが現在使用されているか、撮影画面に表示されるバッテリー残量表示横のアイコンで確認できます。

  • セットアップメニュー[電池チェック]で、より詳細なバッテリー残量やバッテリーの劣化度などを確認できます。

使用上のご注意

MB-N11使用時には次のことにご注意ください。

  • 金属製品などによりバッテリーパックの電源接点/信号接点がショートするおそれがありますので、バッテリーパックを保管したり、持ち運ぶときは、付属の接点端子キャップを付けてください。

  • MB-N11をカメラに取り付けまたは取り外しする際に、カメラのメモリーカードアクセスランプが点灯することがあります。

  • MB-N11と別売のマウントアダプターFTZをカメラに装着して三脚を使用する場合は、三脚はFTZではなくMB-N11の三脚ネジ穴またはレンズの三脚座に取り付けてください。

レンズ

MB-N11

FTZ

  • MB-N11に電源スイッチはありません。カメラの電源のON/OFFは、カメラの電源スイッチを使用してください。

カメラの警告メッセージについて

次のような警告メッセージが表示されたときは、下記の対処方法に従ってください。

  • 撮影できません。バッテリーを交換してください。]と表示されたときは、バッテリーを交換してください。バッテリー装着部Bのバッテリーを交換する場合または装着部Aのみ使用しているときにバッテリーを交換する場合は、カメラの電源を必ずOFFにしてから行ってください。

  • 何らかの異常を検出しました。シャッターボタンを押してリセットしてください。]と表示されたときは、シャッターボタンを押してください。シャッターボタンを押しても警告表示が解除されない場合や、頻繁に警告が表示される場合は、ニコンサービス機関にご相談ください。

バッテリー室カバーが外れたときは

バッテリー室カバーが開いている状態でカバーに無理な負荷がかかると、破損防止のため外れる場合があります。バッテリー室カバーが外れた場合は図のように取り付けてください。

  • バッテリー室カバーは、あらかじめヒンジが見えている状態にして取り付けてください。

仕様

電源

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN‑EL15c(最大2個)

  • EN‑EL15cの代わりにEN‑EL15b/EN‑EL15a/EN‑EL15も使えますが、EN‑EL15cを使用したときよりも撮影可能コマ数と動画撮影可能時間(電池寿命)が減少します。

充電時間

約5時間30分

  • 本体充電ACアダプターEH‑7Pを使用してEN‑EL15cを2個充電する場合。残量のない状態からの充電時間(周囲温度25℃)。

  • EN‑EL15a、EN‑EL15はEH‑7Pを使用した充電には対応していません。これらのバッテリーに対応したバッテリーチャージャーで充電してください。

充電用端子

Type-C USB端子。本体充電ACアダプターEH‑7Pのみ接続可能(画像の転送などはできません)。

使用温度

0℃~40℃

寸法(W×H×D)

約138.5×113.5×76 mm(突起部除く)

質量

  • 約455 g(EN‑EL15c 2個装着時)

  • 約295 g(本体のみ)

  • 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。

低温環境下でのご使用について

低温時(約10℃以下)に消耗したバッテリーを使用すると、カメラが作動しないことがあります。低温時には充分に充電されたバッテリーを使用し、保温した予備のバッテリーを用意して温めながら交互に使用してください。低温のために一時的に性能が低下して使えなかったバッテリーでも、常温に戻ると使えることがあります。

バッテリーパック装着時の撮影可能コマ数と動画撮影可能時間(電池寿命)

カメラに別売のバッテリーパックを装着し、フル充電したEN-EL15cを2個使用した場合の撮影可能コマ数と動画撮影可能時間(電池寿命)は、カメラ本体のみでお使いの場合の約1.9倍です。

カメラとパワーコネクター、ACアダプターの接続方法

カメラとパワーコネクター、ACアダプターを接続する前に、カメラ本体の電源がOFFになっていることを確認してください。

  1. カメラのバッテリー室カバー(q)とパワーコネクターカバー(w)を開ける
  2. パワーコネクターEP-5Bを入れる
    • パワーコネクターは、接点の向きに注意しながら入れてください。

    • オレンジ色のバッテリーロックレバーをパワーコネクター側面で押しながら、パワーコネクターを奥まで入れると、バッテリーロックレバーがパワーコネクターに掛かり、パワーコネクターがロックされます。

  3. カメラのバッテリー室カバーを閉じる

    パワーコネクターのコードがパワーコネクターカバーを開けた部分から出るように注意して、バッテリー室カバーを閉じます。

  4. パワーコネクターとACアダプターEH-5d/EH-5c/EH-5bを接続する

    • 電源コードのACプラグを、ACアダプターのACプラグ差し込み口に差し込みます(e)。

    • パワーコネクターのDCプラグコネクターにACアダプターのDCプラグを差し込みます(r)。

    • パワーコネクターとACアダプターの使用時には、撮影画面上のバッテリー残量表示がPに変わります。