ファインダー

ファインダーに顔を近づけると、アイセンサーが反応して、画像モニターの表示が消えてファインダー表示に切り替わります。指などを近づけてもアイセンサーが反応します。

アイセンサー

ファインダー表示時は、メニューや再生画面もファインダーで見ることができます。

視度調節ノブについて

視度調節ノブを引き出して回すと、ファインダー内がはっきり見えるように調節できます。

  • 爪や指先で目を傷つけないようにご注意ください。
  • 調節が終わった後は、視度調節ノブを押し込んで戻してください。

ヒント:長時間ファインダー撮影をする場合

カスタムメニューd8[Lvに撮影設定を反映]を[しない]に設定すると、撮影画面が見やすい色味や明るさで表示されます。

モニターモード切り換えボタン

ファインダーと画像モニターの表示設定を切り換えることができます。

ボタンを押すたびに、次のようにモニターモードが切り替わります。

  • 自動表示切り換え:アイセンサーにより、ファインダーの表示と画像モニターの表示が自動的に切り替わります。

  • ファインダーのみ:画像モニターには何も表示されなくなります。メニューの設定や撮影した画像の確認などもすべてファインダーで行ってください。

  • モニターのみ:画像モニターのみを使用して撮影や設定をする場合に選びます。ファインダーに顔を近づけてもファインダーには何も表示されません。

  • ファインダー優先:これまでのデジタル一眼レフカメラと似た動作になります。

    • 静止画モードの場合、ファインダーに顔を近づけるとファインダーに撮影画面が表示されますが、顔を離しても画像モニターには撮影画面は表示されません。
    • メニュー画面や再生画面、動画モードの撮影画面は、アイセンサーにより自動的に切り替わります。

ヒント:使用するモニターモードを限定する

セットアップメニュー[モニターモードの限定]で表示設定を限定できます。

タッチパネル

このカメラの画像モニターはタッチパネルになっており、指で画面に触れて操作できます。ファインダーを見ながら撮影する場合はタッチ操作は無効になり、ピント合わせなどは行えません。

ピントを合わせる/シャッターをきる

画像モニターをタッチすると、その場所にピントを合わせます(タッチAF)。

静止画モードの場合はピント合わせ後に指を放すとシャッターがきれます(タッチシャッター)。

Wをタッチすると、タッチAFやタッチシャッターの設定を変更できます(0タッチシャッター)。

設定を変更する

枠が表示されたアイコンにタッチすると、設定を変更できます。

アイコンやスライドバーにタッチして項目や数値を選びます。Jボタンを押して設定を決定します。

Zをタッチすると設定を変更せずに前の画面に戻ります。

再生画面を切り換える

1コマ表示時に左右にフリックすると、前後の画像を表示します。

1コマ表示時に画面下部をタッチすると、フレームアドバンスバーが表示されます。フレームアドバンスバーに触れたまま指を左右にスライドすると、前後の画像を高速で切り換えられます。

フレームアドバンスバー

1コマ表示中に広げる操作をするか、画像モニターを素早く2回タッチすると、拡大表示します。

さらに広げる操作をすると拡大率が上がり、つまむ操作をすると拡大率が下がります。

画像モニターでスライド操作をすると、見たい部分に移動できます。

画像モニターを素早く2回タッチすると、拡大表示を解除します。

1コマ表示中につまむ操作をすると、サムネイル表示します。

広げる/つまむ操作をすると、表示コマ数(4コマ/9コマ/72コマ)が切り替わります。

動画を再生する

1が表示されている画像で、操作ガイドにタッチすると再生します。

操作ガイド

  • 再生中に画像モニターをタッチすると一時停止します。もう一度タッチすると再生を再開します。
  • 再生中にZにタッチすると、再生を終了して1コマ表示モードに戻ります。

iメニューを設定する

撮影時に画像モニターのiをタッチするとiメニュー(0iボタンを使う)が表示されます。

設定したい項目をタッチすると、設定項目の内容を変更できます。

文字を入力する

  • 文字入力画面が表示された場合、キーボードエリアで文字をタッチして入力できます。
  • 入力エリアをタッチすると文字の入力位置を移動できます。
  • 文字種変更アイコンをタッチすると、アルファベット大文字/小文字/記号を切り換えられます。

入力エリア

キーボードエリア

文字種変更

上下にスライドすると、メニュー画面がスクロールします。

画面左端のアイコンにタッチすると、選んだアイコンのメニュー画面が表示されます。

メニュー項目にタッチすると、設定項目の内容を変更できます。アイコンやスライドバーにタッチして項目や数値を選びます。

Zにタッチすると、設定を変更しないで前の画面に戻ります。

タッチパネルについてのご注意

  • このカメラのタッチパネルは静電式です。爪でタッチしたり、手袋などをはめたままタッチしたりすると反応しないことがあります。
  • 先のとがった硬い物で押さないでください。
  • タッチパネルを必要以上に強く押したり、こすったりしないでください。
  • 市販の保護フィルムを貼ると反応しないことがあります。
  • タッチパネルに指が触れたまま、別の指でタッチすると、適切に動作しないことがあります。

ヒント:タッチ操作の有効/無効について

セットアップメニュー[タッチ操作]で、タッチ操作の有効/無効を切り換えられます。

DISPボタン

DISPボタンを押すたびに、次のように画面の表示が切り替わります。

静止画モードの場合

情報表示あり

シンプル表示

ヒストグラム※1、2

水準器表示

インフォ画面(0インフォ画面

※1 カスタムメニューd8[Lvに撮影設定を反映]が[する]の場合に表示されます。

※2 多重露出撮影中で、[確認撮影]を[する]に設定している場合は表示されません。

※3 別売のスピードライトSB-5000、SB-500、SB-400、SB-300をアクセサリーシューに取り付けた場合、またはワイヤレスリモートコントローラーWR-R10を使用してスピードライトを電波制御している場合に表示されます。

ヒント:ファインダーの表示について

ファインダー使用時も、DISPボタンを押すと表示される情報が切り換わります。ただし、インフォ画面およびフラッシュインフォ画面は表示されません。

動画モードの場合

情報表示あり

シンプル表示

ヒストグラム

水準器表示

サブセレクター

サブセレクターを上下左右に倒すと、フォーカスポイントを選べます。また、サブセレクターの中央を押している間、AEロックとフォーカスロックを同時に行います(0サブセレクター)。

AF-ONボタン

オートフォーカス時にAF-ONボタンを押すとピント合わせを行います。

メインコマンドダイヤル/サブコマンドダイヤル

コマンドダイヤルを回すと、シャッタースピードや絞り値、カメラのボタンに割り当てられた機能の設定を変更できます。

サブコマンドダイヤル

メインコマンドダイヤル

Gボタン

Gボタンを押すと、画像モニターにメニュー画面を表示します。

どちらかに設定できます。初期設定は[マイメニュー]です。

メニュー項目の設定

メニューの操作には、マルチセレクターとJボタンを使います。

  • 1:上に移動
  • 3:下に移動
  • 4:前の画面に戻る(左を選択または取り消し)
  • 2:次の画面に進む(右を選択または決定)
  • J:決定する
  1. メニューのタブを選ぶ

    4を押して、タブのアイコンを黄色く表示します。

  2. メニューを切り換える

    13を押して、メニューのタブを切り換えます。

  3. 選んだメニューに入る

    2を押して、選んだメニューに入ります。

  4. メニュー項目を選ぶ

    13で項目を選びます。

  5. 設定内容を表示する

    2を押して設定内容を表示します。

  6. 設定内容を選ぶ

    13で設定内容を選びます。

  7. 決定する

    Jボタンを押して決定します。

    • メニュー操作をキャンセル(中止)するには、Gボタンを押してください。
    • メニュー画面から撮影に戻るには、シャッターボタンを半押ししてください。

撮影モードやカメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。この場合、その項目はグレーで表示されて選べません。

ヒント:d(ヘルプあり表示)

  • ヘルプがある場合にWQ)ボタンを押すと、その項目のヘルプ(説明)を表示します。
  • 説明が2ページ以上ある場合は、マルチセレクターの3を押して、次のページを表示してください。
  • もう一度WQ)ボタンを押すと、メニュー画面に戻ります。

ヒント:タッチパネルでの設定について

メニューはタッチパネルで設定することもできます(0メニューを設定する)。

iボタン(iメニュー)

iボタンを押すか画像モニターのiをタッチすると、iメニューが表示されます。使用頻度の高い項目の設定を素早く変更できます。

静止画モードの場合(0静止画モード)と動画モードの場合(0動画モード)で表示される内容が異なります。

項目を選んでJボタンを押すかタッチすると、設定を変更できます。

iメニューの項目にカーソルを置いてコマンドダイヤルを回しても設定を変更できます。項目によってはメインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルで設定する場合があります。

ヒント:再生時のiメニューについて

再生画面や動画再生時などにiボタンを押すと、状況に応じたiメニューが表示されます。

iメニュー項目のカスタマイズ

撮影時のiメニューで表示される項目は、カスタムメニューf1[iメニューのカスタマイズ]で変更できます。

  1. カスタムメニューf1[iメニューのカスタマイズ]を選んでJボタンを押す

    メニューの選び方は0Gボタンをご覧ください。

  2. 機能を割り当てたい場所を選んでJボタンを押す

    割り当てられる機能の一覧が表示されます。

  3. 割り当てたい機能を選んでJボタンを押す

    • 新しい機能が割り当てられ、手順2の画面に戻ります。
    • 他の場所にも機能を割り当てたい場合は手順2、3を繰り返します。

  4. Gボタンを押す

    機能の割り当てが決定してメニュー画面に戻ります。

ヒント:iメニューに割り当てられる機能について

静止画モードの場合にiメニューに割り当てられる機能は次の通りです。

  • 撮像範囲設定
  • 画質モード
  • 画像サイズ
  • 露出補正
  • ISO感度設定
  • ホワイトバランス
  • ピクチャーコントロール
  • 色空間
  • アクティブD-ライティング
  • 長秒時ノイズ低減
  • 高感度ノイズ低減
  • 測光モード
  • フラッシュモード
  • フラッシュ調光補正
  • フォーカスモード
  • AFエリアモード
  • 手ブレ補正
  • オートブラケティング
  • 多重露出
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)
  • サイレント撮影
  • レリーズモード
  • カスタムボタンの機能
  • 露出ディレーモード
  • 電子先幕シャッター
  • Lvに撮影設定を反映
  • 2点拡大
  • ピーキング表示
  • モニター/ファインダーの明るさ
  • Bluetooth通信機能
  • Wi-Fi通信機能

ヒント:動画モードの場合のiメニューについて

カスタムメニューg1[iメニューのカスタマイズ]で設定できます。割り当てられる機能は静止画モードの場合と異なります。

Fn1/Fn2ボタン

撮影時にFn1ボタンまたはFn2ボタンを押すと、よく使う機能を素早く呼び出せます。

Fn1ボタン

Fn2ボタン

  • Fn1ボタンの初期設定はホワイトバランス(0ホワイトバランス)、Fn2ボタンの初期設定はフォーカスモード/AFエリアモード(0ピント合わせの設定)です。
  • Fn1ボタンまたはFn2ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、割り当てた機能の設定を変更できます。項目によってはメインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルで設定する場合があります。

Fn1/Fn2ボタン機能の割り当て変更

Fn1ボタンまたはFn2ボタンの機能の割り当ては、カスタムメニューf2[カスタムボタンの機能]の[Fn1ボタン]または[Fn2ボタン]で変更できます。

  1. カスタムメニューf2[カスタムボタンの機能]を選んでJボタンを押す

    メニューの選び方は0Gボタンをご覧ください。

  2. 機能を割り当てたいボタンを選んでJボタンを押す

    割り当てられる機能の一覧が表示されます。

  3. 割り当てたい機能を選んでJボタンを押す

    • 新しい機能が割り当てられ、手順2の画面に戻ります。
    • 他のボタンにも機能を割り当てたい場合は手順2、3を繰り返します。

  4. Gボタンを押す

    機能の割り当てが決定してメニュー画面に戻ります。

ヒント:Fn1/Fn2ボタンに割り当てられる機能について

静止画モードの場合にFn1/Fn2ボタンに割り当てられる機能は次の通りです。

  • AF-ON
  • AF-L
  • AE-L(ホールド)
  • AE-L(レリーズでリセット)
  • AE-L
  • AE-L/AF-L
  • FV-L
  • c発光禁止/許可切換
  • プレビュー
  • マルチパターン測光簡易設定
  • 中央部重点測光簡易設定
  • スポット測光簡易設定
  • ハイライト重点測光簡易設定
  • BKT自動連写
  • 連動レリーズ切り換え
  • プラスRAW記録
  • 格子線表示
  • 拡大画面との切り換え
  • マイメニュー
  • マイメニューのトップ項目へジャンプ
  • 再生
  • プロテクト
  • 撮像範囲選択
  • 画質モード/画像サイズ
  • ホワイトバランス
  • ピクチャーコントロール
  • アクティブD-ライティング設定
  • 測光モード
  • フラッシュモード/調光補正
  • フォーカスモード/AFエリアモード
  • オートブラケティング
  • 多重露出
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)
  • 露出ディレーモード
  • シャッタースピードと絞り値のロック
  • ピーキング表示
  • レーティング
  • 手動設定済みレンズの選択
  • 設定しない

ヒント:動画モードの場合のFn1/Fn2ボタンの割り当てについて

カスタムメニューg2[カスタムボタンの機能]で設定できます。割り当てられる機能は静止画モードの場合と異なります。