バッテリーやメモリーカードをカメラに入れたり、カメラから取り出したりするときは、必ずカメラの電源スイッチがOFFの位置にあることを確認してください。

オレンジ色のバッテリーロックレバーをバッテリー側面で押しながら、バッテリーを奥まで入れると、バッテリーロックレバーがバッテリーに掛かって固定されます。

バッテリーロックレバー

メモリーカードは正しい向きでカチッと音がするまで、まっすぐ挿入してください。

バッテリーを取り出すには

電源をOFFにしてからバッテリー室カバーを開けてください。バッテリーロックレバーを矢印の方向に押すと、バッテリーが少し飛び出しますので、引き抜いて取り出してください。

メモリーカードを取り出すには

メモリーカードアクセスランプの消灯を確認し、電源をOFFにしてからメモリーカードカバーを開けてください。メモリーカードを奥に押し込んで放すと(q)、カードが押し出されるので、引き抜いて取り出してください(w)。

バッテリー残量について

カメラの電源をONにすると、撮影画面または表示パネルでバッテリーの残量を確認できます。

画像モニター

ファインダー

表示パネル

  • バッテリー残量に応じてLKJIHのように表示されます。Hになったら残量が残りわずかのため、予備のバッテリーを準備するか、充電してください。
  • Hが点滅表示すると撮影できなくなります。バッテリーを交換するか、充電してください。

記録可能コマ数について

  • カメラの電源をONにすると、撮影画面または表示パネルでメモリーカードの記録可能コマ数(これから撮影できる枚数)を確認できます。
  • 記録可能コマ数が1000コマ以上あるときは、1000を意味する「k」マークが点灯します。たとえば「[1.4]k」と表示されている場合、1400枚以上の撮影が可能です。

画像モニター

ファインダー

表示パネル

メモリーカード取り扱い上のご注意

  • カメラの使用後はメモリーカードが熱くなっていることがあります。取り出しの際はご注意ください。
  • メモリーカードの初期化中や画像の記録または削除中、パソコンとの通信時などには、次の操作をしないでください。記録されているデータの破損やカメラやメモリーカードの故障の原因となります。

    • メモリーカードの着脱をしないでください
    • カメラの電源をOFFにしないでください
    • バッテリーを取り出さないでください
    • ACアダプターを抜かないでください
  • 端子部に手や金属を触れないでください。
  • メモリーカードに無理な力を加えないでください。破損のおそれがあります。
  • 曲げたり、落としたり、衝撃を与えたりしないでください。
  • 熱、水分、直射日光を避けてください。
  • パソコンで初期化しないでください。

メモリーカードが入っていないときの表示について

撮影画面または表示パネルの記録可能コマ数表示部に[–E–]マークが、撮影画面にカードなし警告が表示されます。