撮影モードを変更すると、シャッタースピードと絞りのそれぞれを自分で設定したり、カメラまかせにしたりすることができます。

撮影モードの設定方法

カメラ上面の撮影モードダイヤルロックボタンを押しながら、撮影モードダイヤルを回すと撮影モードを変更できます。

撮影モードダイヤル

撮影モードダイヤルロックボタン

b オート 露出や色味など、すべてカメラまかせの簡単な操作で撮影を楽しめます(0静止画を撮影する(bオート)動画を撮影する(bオート))。
P プログラムオート シャッターチャンスを逃したくないスナップ撮影などに使います。シャッタースピードと絞り値の両方をカメラが自動制御します。
S シャッター優先オート 被写体の動きを強調して撮影したいときなどに使います。シャッタースピードを自分で設定し、絞り値はカメラが自動制御します。
A 絞り優先オート 背景のぼかし方を調節して撮影したいときなどに使います。絞り値を自分で設定し、シャッタースピードはカメラが自動制御します。
M マニュアル シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定します。長時間露出(バルブ、タイム)撮影も、このモードで行います。
U1
U2
U3
ユーザーセッティングモード よく使う機能(ユーザーセッティング)を登録できます。撮影モードダイヤルを切り換えるだけで、登録した内容で撮影できます。

P(プログラムオート)

被写体の明るさに応じて露出が適正になるように、カメラがシャッタースピードと絞り値を自動的に決定します。

メインコマンドダイヤルを回すと、適正露出のまま、シャッタースピードと絞り値の組み合わせを変えられる「プログラムシフト」が行えます。

  • プログラムシフト中は、プログラムシフトマーク(U)が表示されます。
  • プログラムシフトを解除するには、プログラムシフトマークが消えるまでメインコマンドダイヤルを回してください。電源をOFFにしたときや、他の撮影モードに切り換えたときも、プログラムシフトは解除されます。

S(シャッター優先オート)

シャッタースピードを自分で決めると、露出が適正になるようにカメラが自動的に絞り値を決定します。動きの速い被写体の撮影や、遅いシャッタースピードで被写体の動きを強調する撮影に適しています。

画像モニター

表示パネル

  • シャッタースピードはメインコマンドダイヤルを回して設定します。
  • シャッタースピードは1/8000~30秒、x200に設定できます。
  • 設定したシャッタースピードはロックできます(0f4:シャッタースピードと絞り値のロック)。

A(絞り優先オート)

絞り値を自分で決めると、露出が適正になるようにカメラが自動的にシャッタースピードを決定します。

画像モニター

表示パネル

  • 絞り値はサブコマンドダイヤルを回して設定します。
  • 設定できる最小絞り値、開放絞り値はレンズの種類によって異なります。
  • 設定した絞り値はロックできます(0f4:シャッタースピードと絞り値のロック)。

ヒント:動画撮影時の絞り値やシャッタースピードなどについて

動画撮影時に絞り値、シャッタースピード、ISO感度を設定できるかどうかは、撮影モードによって異なります。

  絞り値 シャッタースピード ISO感度※2
PS※1 ※3
A ※3
M ※4

※1 撮影モードがSの場合は、Pに設定したときと同じ露出制御になります。

※2 動画撮影メニューの[電子手ブレ補正]が[する]のときにISO感度が高感度(Hi 0.3~Hi 2)になった場合は、ISO 25600(Z 6はISO 51200)に制限されます。

※3 動画撮影メニュー[ISO感度設定]の[制御上限感度]でISO感度の上限を設定できます。

※4 動画撮影メニュー[ISO感度設定]の[Mモード時の感度自動制御]を[する]に設定した場合、[制御上限感度]でISO感度の上限を設定できます。

M(マニュアル)

シャッタースピードと絞り値の両方を自分で決定します。花火や星空などを長時間露出(バルブ撮影、タイム撮影、0長時間露出で撮影する(撮影モードMのみ))で撮影する場合にも使用します。

  • 露出インジケーターを確認しながら、コマンドダイヤルを回してシャッタースピードと絞り値を設定します。
  • メインコマンドダイヤルを回すと、シャッタースピード表示が変化します。シャッタースピードは1/8000~30秒、Bulb(バルブ)、Time(タイム)、x200に設定できます。

    画像モニター

    表示パネル

  • サブコマンドダイヤルを回すと絞り値が変化します。

    画像モニター

    表示パネル

  • 設定できる最小絞り値、開放絞り値はレンズの種類によって異なります。
  • 設定したシャッタースピードと絞り値はロックできます(0f4:シャッタースピードと絞り値のロック)。

露出インジケーターについて

自分で設定した露出値と、カメラが測光した露出値との差が、画像モニターとファインダーに表示されます。この「露出インジケーター」の見方は次の通りです(表示内容はカスタムメニューb1[露出設定ステップ幅]の設定によって変化します)。

  [露出設定ステップ幅]が[1/3段]のとき
適正露出の場合 1/3段
アンダーの場合
3 1/3段以上
オーバーの場合
画像モニター
ファインダー

露出の制御ができないときの警告について

光量がカメラの測光範囲を超えて露出の制御ができない場合は、露出インジケーターが点滅して警告します。

ヒント:撮影モードM時の感度自動制御機能について

感度自動制御機能(0感度自動制御機能)を使用すると、設定したシャッタースピードと絞り値で適正露出になるようにISO感度が自動的に制御されます。

U1、U2、U3(ユーザーセッティングモード)

よく使う機能(ユーザーセッティング)を、あらかじめ撮影モードダイヤルU1U3に登録すると、撮影モードダイヤルを切り換えるだけで、登録したユーザーセッティングの内容で撮影できます。

ユーザーセッティングの登録

  1. 登録したい撮影モードを選ぶ

  2. 登録したい撮影機能を設定する

    次の撮影機能を登録できます。

    • 静止画撮影メニュー項目
    • 動画撮影メニュー項目
    • カスタムメニュー項目
    • 撮影モード、シャッタースピード(撮影モードSM)、絞り値(撮影モードAM)、プログラムシフト(撮影モードP)、露出補正、調光補正など
  3. セットアップメニュー[ユーザーセッティングの登録]を選ぶ

    セットアップメニュー[ユーザーセッティングの登録]を選んでマルチセレクターの2を押します。

  4. 設定を登録したいユーザーセッティングモードを選ぶ

    U1に登録]、[U2に登録]または[U3に登録]のいずれかを選んで、2を押します。

  5. ユーザーセッティングを登録する

    13で[はい]を選んでJボタンを押すと、選んだユーザーセッティングモードに現在の設定内容が登録されます。

  6. 登録したユーザーセッティングで撮影する

    撮影モードダイヤルをU1U3に合わせると、登録したユーザーセッティングの内容で撮影できます。

U1、U2、U3に登録できない撮影メニュー項目

次のメニュー項目は登録できません。

静止画撮影メニュー

  • 記録フォルダー設定
  • 撮像範囲設定
  • カスタムピクチャーコントロール
  • 多重露出
  • インターバルタイマー撮影
  • タイムラプス動画
  • フォーカスシフト撮影

動画撮影メニュー

  • 撮像範囲設定
  • カスタムピクチャーコントロール

登録したユーザーセッティングのリセット

  1. セットアップメニュー[ユーザーセッティングのリセット]を選ぶ

    セットアップメニュー[ユーザーセッティングのリセット]を選んでマルチセレクターの2を押します。

  2. リセットしたいユーザーセッティングモードを選ぶ

    U1をリセット]、[U2をリセット]または[U3をリセット]のいずれかを選んで、2を押します。

  3. ユーザーセッティングをリセットする

    13で[はい]を選んでJボタンを押すと、選んだユーザーセッティングモードに登録された設定内容が、初期設定(撮影モードP)に戻ります。

長時間露出で撮影する(撮影モードMのみ)

長時間露出撮影には、バルブ撮影とタイム撮影の2種類があります。花火や夜景、星空の撮影や、自動車のライトの流れを表現したいときなどに使います。

シャッタースピードをBulbに設定し、
絞り値をF25にして35秒間の長時間露出撮影した場合の画像

バルブ撮影 シャッターボタンを押し続けている間シャッターが開いたままになり、シャッターボタンを放すとシャッターが閉じます。
タイム撮影 シャッターボタンを全押しするとシャッターが開いたままになり、もう一度押すとシャッターが閉じます。

長時間撮影の手順

  1. 三脚などを使ってカメラを固定する

  2. 撮影モードダイヤルをMに合わせる

  3. メインコマンドダイヤルを回して、シャッタースピードをBulb(バルブ)またはTime(タイム)にする

    バルブ撮影

    タイム撮影

  4. ピントを合わせて、長時間露出撮影を開始する

    • バルブ撮影:シャッターボタンを全押しして、長時間露出撮影を開始します。シャッターボタンは押し続けてください。
    • タイム撮影:シャッターボタンを全押しすると、シャッターが開き、長時間露出撮影を開始します。
  5. 長時間露出撮影を終了する

    • バルブ撮影:シャッターボタンを放すと、長時間露出撮影は終了します。
    • タイム撮影:もう一度シャッターボタンを全押しします。

長時間露出について

  • 露光時間が長くなると、画像にノイズ(ざらつき、むら、輝点)が発生することがあります。
  • 静止画撮影メニュー[長秒時ノイズ低減]を[する]に設定すると、画像に発生するむらや輝点が低減されます。
  • 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、電源としてフル充電したLi-ionリチャージャブルバッテリー、または別売のパワーコネクターとACアダプターをお使いいただくことをおすすめします。
  • 手ブレを抑えるために三脚、別売のリモートコードやワイヤレスリモートコントローラーなどの使用をおすすめします。