ヒント:[静止画の設定と同じ

動画撮影メニュー[ピクチャーコントロール]、[ホワイトバランス]、[アクティブD-ライティング]または[手ブレ補正]で[静止画の設定と同じ]を選んでいる場合、iメニューの左上にhアイコンが表示されます。iメニューから設定する場合、静止画モードのときにピクチャーコントロールやホワイトバランスを変更すると動画モードでも、動画モードで設定を変更すると静止画モードでも同じ設定になります。

ピクチャーコントロール

ピクチャーコントロールを選べます。ピクチャーコントロールの詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0ピクチャーコントロール)も合わせてご覧ください。

ホワイトバランス

ホワイトバランスを選べます。ホワイトバランスの詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0ホワイトバランス)も合わせてご覧ください。

画像サイズ/フレームレート/画質

動画を記録するときの画像サイズ(ピクセル)とフレームレート、動画の画質を設定します。

動画の画質

高画質]と[標準]があります。[高画質]を選ぶと[画像サイズ/フレームレート]のアイコンに★が表示されます。選んだ画像サイズ/フレームレートによっては[高画質]に固定される場合があります。

画像サイズ/フレームレート

画像サイズ/フレームレート]の設定と、それぞれの最大ビットレートおよび最長記録時間は次の通りです。ビットレートは画質の設定により異なります。

項目※1 最大ビットレート 最長記録時間
高画質 標準
r 3840×2160(4K UHD) 30p 144Mbps ※2 29分59秒※4
s 3840×2160(4K UHD) 25p
t 3840×2160(4K UHD) 24p
w 1920×1080 120p※3
x 1920×1080 100p※3
y/y 1920×1080 60p 56Mbps 28Mbps
z/z 1920×1080 50p
1/1 1920×1080 30p 28Mbps 14Mbps
2/2 1920×1080 25p
3/3 1920×1080 24p
A 1920×1080 30p 4倍スロー※3 36Mbps ※2 3分
B 1920×1080 25p 4倍スロー※3
C 1920×1080 24p 5倍スロー※3 29Mbps

※1 120p:119.88コマ/秒(fps)、100p:100コマ/秒、60p:59.94コマ/秒、50p:50コマ/秒、30p:29.97コマ/秒、25p:25コマ/秒、24p:23.976コマ/秒

※2 画質は[高画質]に固定されます。

※3 撮像範囲は[DX](Z 6は[FX])に固定されます。また、AFエリアモードがオートエリアAFの場合に顔認識を行いません。

※4 動画は最大8個のファイルに分割されて記録されることがあります。その場合、各ファイルのファイルサイズは最大で4GBです。1回の撮影で作成されるファイルの数と1ファイルあたりの記録時間は[画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]の設定によって異なります。

設定した[画像サイズ/フレームレート/画質]は、撮影画面に表示されます。

スローモーション動画について

画像サイズ/フレームレート]で[1920×1080 30p 4倍スロー]、[1920×1080 25p 4倍スロー]、または[1920×1080 24p 5倍スロー]を選ぶとスローモーション動画を撮影できます。音声は記録されません。

例えば[1920×1080 30p 4倍スロー]の場合、120pのフレームレートで読み出した画像を30pの動画として記録します。約10秒間撮影した動画は、約40秒かけて再生されます。スポーツでのボールのインパクトの瞬間など、一瞬の出来事をゆっくりと見ることができます。

  10秒
撮影
再生
  40秒

画像を読み出すときのフレームレートと、動画を記録および再生するときのフレームレートは次の通りです。

画像サイズ/
フレームレート
画像を読み出すときの
フレームレート
動画を記録・再生する
ときのフレームレート
1920×1080 30p 4倍スロー 120p 30p
1920×1080 25p 4倍スロー 100p 25p
1920×1080 24p 5倍スロー 120p 24p

120p:119.88コマ/秒(fps)、100p:100コマ/秒、30p:29.97コマ/秒、25p:25コマ/秒、24p:23.976コマ/秒

スローモーション動画撮影時のご注意

次の機能など、スローモーション動画撮影中は使用できなくなる機能があります。

  • フリッカー低減
  • 電子手ブレ補正
  • タイムコード出力

マイク感度

内蔵マイクまたは外部マイクの感度の程度を設定します。

bA カメラが自動的にマイク感度を調整します。
録音しない 音声は記録しません。
b1~b20 マイク感度を手動調整します。[1]~[20]の調整ができます。数字が大きいほど感度が高く、小さいほど低くなります。

bA以外に設定した場合、撮影画面にマイク感度が表示されます。

音声レベルインジケーターの色が赤で表示される場合、音量が大きすぎることを示しています。マイク感度を調節してください。

音声が記録されていない動画の表示について

マイク感度を[録音しない]にして撮影した動画の場合、1コマ表示モード時と再生中に2(音声なしマーク)が表示されます。

撮像範囲設定

動画を記録するときの撮像範囲を設定します。撮像範囲には[FX]と[DX]があります。[FX]に設定した場合はFXベースの(動画)フォーマットに、[DX]に設定した場合はDXベースの(動画)フォーマットになります。動画モード時の撮像範囲は次の図のようになります。

FX   DX

撮像範囲のサイズは、FXベースの(動画)フォーマットとDXベースの(動画)フォーマットでは異なります。それぞれの撮像範囲のサイズは次の通りです。

フォーマット 画像サイズ サイズ
FXベースの(動画)フォーマット 3840×2160 約35.9×20.2 mm
1920×1080

Z 7:約35.8×20.1 mm

Z 6:約35.9×20.1 mm

DXベースの(動画)フォーマット 3840×2160

Z 7:約23.5×13.2 mm

Z 6:約23.4×13.2 mm

1920×1080

Z 7:約23.5×13.2 mm

Z 6:約23.4×13.1 mm

設定した撮像範囲は、撮影画面に表示されます。

測光モード

測光モードを選べます。測光モードの詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0測光モード)も合わせてご覧ください。

測光モードのご注意

動画モードの場合、[スポット測光]は選べません。

Wi-Fi通信機能

Wi-Fi通信機能のオン/オフを切り替えられます。Wi-Fi通信機能の詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0Wi-Fi通信機能)も合わせてご覧ください。

アクティブD-ライティング

動画のアクティブD-ライティングの設定を選べます。アクティブD-ライティングの詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0アクティブD-ライティング)も合わせてご覧ください。

静止画の設定と同じ

静止画撮影メニューのアクティブD-ライティングが[オート]のときに、動画撮影メニューで[静止画の設定と同じ]を選んだ場合は、[標準]と同じ設定になります。

電子手ブレ補正

動画撮影時に電子手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。

する
  • 動画撮影時に電子手ブレ補正を行います。
  • 動画の画像サイズを1920×1080 120p、1920×1080 100pまたは1920×1080スローに設定している場合、電子手ブレ補正は機能しません。
  • する]に設定すると、画角が小さくなり表示が少し拡大されます。
  • 動画のISO感度の上限はZ 7では25600、Z 6では51200に制限されます。
しない 電子手ブレ補正を行いません。

する]に設定すると、撮影画面にアイコンが表示されます。

手ブレ補正

動画撮影時に手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。手ブレ補正の詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」(0手ブレ補正)も合わせてご覧ください。

AFエリアモード

フォーカスポイントをどのように選択するか設定できます。AFエリアモードの詳しい説明については「カメラの基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「AFエリアモード」(0AFエリアモード)も合わせてご覧ください。

項目
d シングルポイントAF
f ワイドエリアAF(S)
g ワイドエリアAF(L)
h オートエリアAF

フォーカスモード

ピントの合わせ方を選べます。フォーカスモードの詳しい説明については「カメラの基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「フォーカスモード」(0フォーカスモード)も合わせてご覧ください。

項目
AF-S シングルAF
AF-C コンティニュアスAF
AF-F フルタイムAF
MF マニュアルフォーカス