画像モニターを見ながら音声付きの動画を撮影できます。

  1. ライブビューセレクターを1(動画ライブビュー)に合わせる

    ライブビューセレクター

  2. aボタンを押す

    • ミラーアップしてライブビューを開始します。ファインダー内が暗くなり、画像モニターに被写体が表示されます。
    • ライブビュー中は、実際に撮影される動画や静止画の露出(明るさ)を画像モニターで確認できます。

    aボタン

  3. 動画撮影時のAFモードを設定する

    動画撮影時のAFモードの設定方法については、「AFモードを変更する」をご覧ください。

  4. 動画撮影時のAFエリアモードを設定する

    動画撮影時のAFエリアモードの設定方法については、「AFエリアモードを変更する」をご覧ください。

  5. AF-ONボタンを押して、ピントを合わせる

    動画撮影を開始する前に、被写体にピントを合わせます。

    AF-ONボタン

  6. 動画撮影ボタンを押して、動画記録を始める

    • 動画記録中は録画中マークが画像モニターに表示されます。メモリーカードに記録できる残り時間の目安も画像モニターで確認できます。
    • 動画記録中も、AF-ONボタンを押すと被写体にピントを合わせられます。
    • 内蔵マイクで音声を記録します。録画中は、マイクを指でふさがないようにしてください。
    • 露出を固定(AEロック)するには、サブセレクターの中央を押し続けます(0 AEロックして露出を固定する)。
    • 動画記録中は±3段の範囲で露出補正ができます(0 露出補正して画像の明るさを調整する)。
    • 動画撮影中に画面をタッチすると、タッチした位置にフォーカスポイントが移動してピントを合わせることができます。

    動画撮影ボタン

    録画中マーク

    残り時間

  7. もう一度動画撮影ボタンを押して、動画記録を終了する

  8. aボタンを押してライブビューを終了する

インデックスマーキングについて

動画記録中に、カスタムメニューg1[カスタムボタンの機能]で[インデックスマーキング]を割り当てたボタンを押すと、記録中の動画にインデックスマークを付けることができます。インデックスマークを付けると、動画の再生時や編集時に目的の場所へ素早く移動できます(0 動画再生中の操作方法)。インデックスマークは1つの動画に最大20個まで付けられます。

インデックスマーク

ピンポイントAFについて

動画撮影時、ピンポイントAFは選択できません。

動画撮影時のピント合わせについて

シャッターボタンを半押ししてピントを合わせることもできます。

iボタンを使う

動画撮影時にiボタンを押すと、次の機能の設定を変更できます。項目を選んでマルチセレクターの2を押すと、選んだ項目の設定画面が表示されます。

  • iボタンを押したときの設定は、タッチ操作(0 タッチパネル)でも行えます。
  • 設定終了後、Jボタンを押して決定します。
  • 撮影に戻るには、再度iボタンを押してください。

iボタン

ヘッドホンについて

  • 市販のヘッドホンをヘッドホン端子に接続すると、音声はヘッドホンから再生されます。
  • マイク感度を最大にして撮影した動画を再生すると、大音量で再生される場合がありますので、ヘッドホン使用時は特にご注意ください。

動画撮影時の撮像範囲について

動画撮影メニュー[撮像範囲]の[撮像範囲設定]で撮像範囲を変更できます。[FX]に設定した場合はFXベースの(動画)フォーマットに、[DX]に設定した場合はDXベースの(動画)フォーマットになります。動画撮影時の撮像範囲は次の図のようになります。

FX   DX
  • 撮像範囲のサイズは、FXベースの(動画)フォーマットとDXベースの(動画)フォーマットでは異なります。それぞれの撮像範囲のサイズは次の通りです。

    フォーマット サイズ
    FXベースの(動画)フォーマット 約35.9×20.2 mm
    DXベースの(動画)フォーマット 約23.5×13.2 mm
  • 動画撮影メニュー[撮像範囲]の[DX自動切り換え]を[する]に設定してDXレンズを装着した場合は、DXベースの(動画)フォーマットになります。
  • 動画の画像サイズを1920×1080スローに設定した場合は、装着レンズや[撮像範囲設定]の設定にかかわらず、DXベースの(動画)フォーマットで撮影します。
  • iボタンを押して表示されるメニューで[電子手ブレ補正]を選んで[する]に設定すると、画角が小さくなるため少し拡大されます(0 iボタンを使う)。

[画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]について

動画撮影メニュー[画像サイズ/フレームレート]では、動画を記録するときの画像サイズ(ピクセル)とフレームレートを設定します。[動画の画質]では、動画の画質を高画質と標準から選べます。それぞれの設定時の最大ビットレートと最長記録時間は次の通りです。

  [画像サイズ/フレームレート]※1 最大ビットレート
([動画の画質]※2
高画質/標準)
最長記録時間
および
最長再生時間
r 3840×2160(4K UHD)30p 144Mbps 29分59秒※3
s 3840×2160(4K UHD)25p
t 3840×2160(4K UHD)24p
y/y 1920×1080 60p 48Mbps/24Mbps 
z/z 1920×1080 50p
1/1 1920×1080 30p 24Mbps/12Mbps 
2/2 1920×1080 25p
3/3 1920×1080 24p
4/4 1280×720 60p
5/5 1280×720 50p
A 1920×1080 30p 4倍スロー※4 36Mbps

記録:3分

再生:12分

B 1920×1080 25p 4倍スロー※4
C 1920×1080 24p 5倍スロー※4 29Mbps

記録:3分

再生:15分

※1 60p:59.94コマ/秒(fps)、50p:50コマ/秒、30p:29.97コマ/秒、25p:25コマ/秒、24p:23.976コマ/秒

※2 [動画の画質]が高画質の場合は、アイコンに★が表示されます。画像サイズを3840×2160に設定した場合は、常に高画質で記録されます。

※3 動画は最大8個のファイルに分割されて記録されます。各ファイルのファイルサイズは最大で4GBです。1回の撮影で作成されるファイルの数と1ファイルあたりの記録時間は[画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]の設定によって異なります。

※4 「スローモーション動画について」をご覧ください。

スローモーション動画について

動画撮影メニュー[画像サイズ/フレームレート]で[1920×1080 30p 4倍スロー]、[1920×1080 25p 4倍スロー]、または[1920×1080 24p 5倍スロー]を選ぶとスローモーション動画を撮影できます。音声は記録されません。

例えば[1920×1080 30p 4倍スロー]の場合、120pのフレームレートで読み出した画像を30pの動画として記録します。

画像を読み出すときのフレームレートと、動画を記録および再生するときのフレームレートは次の通りです。

画像サイズ/フレームレート 画像を読み出すときのフレームレート 動画を記録・再生するときのフレームレート
1920×1080 30p 4倍スロー 120p 30p
1920×1080 25p 4倍スロー 100p 25p
1920×1080 24p 5倍スロー 120p 24p

※ 120p:119.88コマ/秒(fps)、100p:100コマ/秒、30p:29.97コマ/秒、25p:25コマ/秒、24p:23.976コマ/秒

スローモーション動画撮影時のご注意

  • スローモーション動画の撮像範囲は、装着レンズや動画撮影メニュー[撮像範囲]の[撮像範囲設定]の設定にかかわらず、[DX]に固定されます。
  • スローモーション動画の画質は標準に固定されます。
  • AFエリアモードで、顔認識AF、ピンポイントAF、およびターゲット追尾AFは選べません。顔認識AF、ピンポイントAF、またはターゲット追尾AFが選ばれている場合は、ワイドエリアAFで撮影します。

情報表示について

ライブビュー残り時間のカウントダウンについて

  • 自動的に動画撮影を終了する30秒前から、画像モニターの左上にカウントダウンを表示します(0 情報表示について)。
  • 撮影条件によっては、動画撮影を開始後すぐにカウントダウンが始まることがあります。
  • 動画記録中にカウントダウンが始まった場合は、画像モニターの右上に表示されている動画残り記録時間にかかわらず、ライブビュー残り時間のカウントダウン時間で動画撮影を自動的に終了します。

動画撮影中の調整について

  • ヘッドホンの音量は変更できません。
  • マイク感度をI以外に設定すると、動画記録中にマイク感度を変更できます。Iには変更できません。

表示を切り換える

Rボタンを押すたびに、次のように画面の表示が切り替わります。

水準器表示   情報表示   情報表示なし

  ヒストグラム   格子線表示  

動画撮影時の静止画撮影

カスタムメニューg1[カスタムボタンの機能]の[シャッターボタン]を[静止画撮影]に設定した場合、動画撮影中(ライブビュー時または動画記録時)にシャッターがきれるまでシャッターボタンを全押しし続けると、静止画を撮影します。撮影される静止画のアスペクト比(横:縦)は、16:9になります。

  • 動画記録中の場合、動画記録は終了し、そこまでの動画を記録します。
  • 画質モードは、静止画撮影メニュー[画質モード](0 画質モードを変更する)で設定した内容になります。ただし、動画の画像サイズ(0 [画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]について)を3840×2160に設定した場合は[FINE]になります。
  • 動画撮影時の静止画撮影の露出は画像モニターでは確認できません。露出モードPSAでの撮影をおすすめします。露出モードMで撮影する場合は、一度ライブビューセレクターをCに合わせて露出を確認してから撮影することをおすすめします。

撮影できる静止画の画像サイズ

撮影できる静止画の画像サイズは、次の通りです。

撮像範囲(0 撮像範囲を変更する 撮影される静止画の画像サイズ(0 画像サイズを変更する
FX L(8256×4640ピクセル)
M(6192×3480ピクセル)
S(4128×2320ピクセル)
DX L(5408×3040ピクセル)
M(4048×2272ピクセル)
S(2704×1520ピクセル)

動画撮影について

  • 使用しているメモリーカードの書き込み速度によっては、最長記録時間(0 [画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]について)に満たないで記録が自動的に終了する場合があります。
  • 動画撮影時は、AFエリアモードが顔認識AFの場合に認識できる人数が少なくなります。
  • 0(動画記録禁止)マーク(0 情報表示について)が表示されているときは、動画記録できません。
  • 1つの動画ファイルで記録可能な最大ファイルサイズは4GBです。
  • 動画撮影中は測光モードをスポット測光に設定できません。
  • 動画を撮影するときは、常にsRGBの色空間で撮影されます。
  • 動画撮影時は、別売のスピードライト(0 ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)について)は発光しません。
  • 露出モードPSで画像が明るくなりすぎたり、暗くなりすぎたりする場合は、ライブビューを終了してからもう一度ライブビューを開始するか、露出モードをAにして、絞りの調整を行ってください。
  • 動画撮影時に絞り値、シャッタースピード、ISO感度を設定できるかどうかは、露出モードによって異なります。
      絞り値 シャッター
    スピード
    ISO感度※2
    PS※1 ※3
    A ※3
    M ※4

    ※1 露出モードがSの場合は、Pに設定したときと同じ露出制御になります。

    ※2 動画撮影メニューの[電子手ブレ補正]が[する]のときにISO感度が高感度(Hi 0.3~Hi 2)になった場合は、ISO 25600に制限されます。

    ※3 動画撮影メニュー[ISO感度設定]の[制御上限感度]でISO感度の上限を設定できます。

    ※4 動画撮影メニュー[ISO感度設定]の[Mモード時の感度自動制御]を[する]に設定した場合、[制御上限感度]でISO感度の上限を設定できます。

  • 動画撮影中にUボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと、ホワイトバランスを変更できます。また、v(オート)とI(蛍光灯)のときはサブコマンドダイヤルで種類を設定できます(0 ホワイトバランスを変更する)。

マニュアル露出での動画撮影について

露出モードMで動画撮影する場合、シャッタースピードを1/25~1/8000秒の範囲で設定できます(動画のフレームレート(0 [画像サイズ/フレームレート]および[動画の画質]について)によって、低速側の制限が異なります)。

動画撮影時のご注意

  • 動画撮影中の画像モニターの表示に、次のような現象が発生する場合があります。これらの現象は撮影した動画にも記録されます。
    • 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発生する(0 フリッカー低減
    • 動きのある被写体が歪む
      • 電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む
      • カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む
    • ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
    • 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーションなどの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯が発生する
    • パワー絞り作動中、画面にちらつきが発生する
  • 動画撮影時に、Xボタンで画面を拡大した場合(0 ライブビュー時の拡大表示)、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)、色の変化が発生しやすくなります。
  • 次のような場合は、動画記録は自動的に終了します。
    • 最長記録時間に達したとき
    • メモリーカードの残量がなくなったとき
    • ライブビューセレクターを切り換えたとき
    • レンズを取り外したとき
  • 動画撮影時、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内部の部品が破損するおそれがあります。
  • 次のような場合は、動作音が録音されることがあります。
    • オートフォーカス作動中
    • パワー絞り作動中
    • 絞り値を変更した場合
    • VRレンズ使用時にVR(手ブレ補正)機能をONにした場合

ワイヤレスリモートコントローラーとリモートコードについて

カスタムメニューg1[カスタムボタンの機能]の[シャッターボタン]を[動画撮影]に設定すると、ワイヤレスリモートコントローラーやリモートコード(0 使用できるアクセサリー)のシャッターボタンを半押ししてライブビューを開始したり、全押しして動画記録の開始と終了を行えます。

外部マイクについて

別売のステレオマイクロホンME-1またはワイヤレスマイクロホンME-W1を外部マイク入力端子に接続すると、外部マイクを使用して動画撮影することができます(0 使用できるアクセサリー)。

関連ページ