画質モードについて

画像を記録する際の画質モードを選びます。

JPEG画像の圧縮方式について

JPEG画像はの有無によって圧縮方式が異なります。

  • がある項目は画質優先となり、画質の劣化を抑えて圧縮します。画像によってファイルサイズは異なります。
  • がない項目はサイズ優先となり、ファイルサイズがほぼ一定になるように圧縮します。

関連ページ

記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数

画質モードの設定方法

Tボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルを回す

画質モードは表示パネルに表示されます。

Tボタン

メインコマンドダイヤル

RAW画像について

画像編集メニューの[RAW現像](0 RAW現像(パソコンを使わずにRAW画像をJPEG画像に変換する))、またはCapture NX-Dなどのソフトウェアを使うと、RAW画像を現像できます。

[画質モード]について

画質モードは静止画撮影メニュー(0 画質モード)でも設定できます。

RAW画像とJPEG画像の同時記録について

  • 画質モード[RAW+FINE]、[RAW+FINE]、[RAW+NORMAL]、[RAW+NORMAL]、[RAW+BASIC]、[RAW+BASIC]で撮影したとき、カメラではJPEG画像のみを再生します。メモリーカードを1枚使用している場合、JPEG画像と同時記録されたRAW画像はパソコンでのみ再生できます。
  • メモリーカードを1枚使用しているときや、メモリーカードを2枚使用していても[副スロットの機能](0 2枚のメモリーカードに記録する(主スロットの選択、副スロットの機能))が[順次記録]または[バックアップ記録]のときに画質モード[RAW+FINE]、[RAW+FINE]、[RAW+NORMAL]、[RAW+NORMAL]、[RAW+BASIC]、[RAW+BASIC]で撮影した場合、RAW画像と同時記録されたJPEG画像をカメラ上で削除すると、RAW画像も削除されます。
  • 副スロットの機能]を[RAW+JPEG分割記録]に設定してメモリーカードを2枚使用している場合は、画質モード[RAW+FINE]、[RAW+FINE]、[RAW+NORMAL]、[RAW+NORMAL]、[RAW+BASIC]、[RAW+BASIC]で撮影すると、RAW画像が主スロットに、JPEG画像が副スロットに記録されます。RAW画像と同時記録されたJPEG画像を削除する場合は、それぞれのスロットから削除してください(0 画像を削除する)。

RAW画像の圧縮方式を選ぶ

静止画撮影メニュー[RAW記録]で[圧縮方式]を選んで、RAW画像の記録時の圧縮方式を設定します。

RAW画像の記録ビット数を選ぶ

静止画撮影メニュー[RAW記録]で[記録ビットモード]を選んで、RAW画像の記録ビット数を設定します。