静止画撮影メニュー[サイレント撮影(静止画Lv)]を[する]に設定すると、ライブビュー撮影時に電子シャッターを使用して、シャッター動作による振動とシャッター音を出さずに撮影できます。風景や静物など動きの少ない被写体を撮影する場合に適しています。

  • 撮影時は、三脚をお使いいただくことをおすすめします。

  • レリーズモードが連続撮影の場合、連続撮影速度が変更されます(連続撮影速度について)。

サイレント撮影について
  • 記録可能コマ数の表示部分に、連続撮影できる残り時間が表示されます。

  • サイレント撮影(静止画Lv)]を[する]に設定していても、完全に無音にはなりません。撮影時に絞りやオートフォーカスなどカメラの動作音がすることがあります。

  • 画像モニターの表示に次のような現象が発生することがあり、これらの現象は静止画にも記録されます。

    • 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発生する

    • 動きのある被写体が歪む(電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む/カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む)

    • ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する

    • 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーションなどの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯が発生する

  • 連続撮影中は、撮影開始時のピントに固定されます。

  • サイレント撮影中はシャッター音を消して撮影できますが、被写体の肖像権やプライバシーなどに充分ご配慮の上、お客様の責任においてお使いください。

サイレント撮影の制限について

次の場合など、サイレント撮影とは同時に使用できない機能や設定があります。

  • ISO感度の Hi 0.3~Hi 5

  • フラッシュ撮影

  • 長秒時ノイズ低減