ニコンデジタルカメラ D6

型式

型式

レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ

レンズマウント

ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)

実撮影画角

ニコンFXフォーマット

有効画素数

有効画素数

2082万画素

撮像素子

方式

35.9×23.9 mmサイズCMOSセンサー

総画素数

2133万画素

ダスト低減機能

イメージセンサークリーニング、イメージダストオフデータ取得(Capture NX-Dが必要)

記録形式

記録画素数

  • 撮像範囲[FX(36×24)]の場合

    • 5568×3712ピクセル(サイズL:20.7 M)

    • 4176×2784ピクセル(サイズM:11.6 M)

    • 2784×1856ピクセル(サイズS:5.2 M)

  • 撮像範囲[1.2×(30×20)]の場合

    • 4640×3088ピクセル(サイズL:14.3 M)

    • 3472×2312ピクセル(サイズM:8.0 M)

    • 2320×1544ピクセル(サイズS:3.6 M)

  • 撮像範囲[DX(24×16)]の場合

    • 3648×2432ピクセル(サイズL:8.9 M)

    • 2736×1824ピクセル(サイズM:5.0 M)

    • 1824×1216ピクセル(サイズS:2.2 M)

  • 撮像範囲[5:4(30×24)]の場合

    • 4640×3712ピクセル(サイズL:17.2 M)

    • 3472×2784ピクセル(サイズM:9.7 M)

    • 2320×1856ピクセル(サイズS:4.3 M)

  • 撮像範囲[1:1(24×24)]の場合

    • 3712×3712ピクセル(サイズL:13.8 M)

    • 2784×2784ピクセル(サイズM:7.8 M)

    • 1856×1856ピクセル(サイズS:3.4 M)

  • 撮像範囲[16:9(36×20)]の場合

    • 5568×3128ピクセル(サイズL:17.4 M)

    • 4176×2344ピクセル(サイズM:9.8 M)

    • 2784×1560ピクセル(サイズS:4.3 M)

  • 動画の画像サイズを3840×2160に設定し、動画撮影時に静止画撮影した場合:3840×2160ピクセル

  • 動画の画像サイズを1920×1080に設定し、動画撮影時に静止画撮影した場合:1920×1080ピクセル

  • 動画の画像サイズを1280×720に設定し、動画撮影時に静止画撮影した場合:1280×720ピクセル

ファイル形式(画質モード)

  • NEF(RAW):12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、サイズL/M/S選択可能(サイズM/Sは12ビット、ロスレス圧縮に固定)

  • JPEG:JPEG-Baseline準拠、圧縮率(約):FINE(1/4)、NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)サイズ優先または画質優先選択可能

  • NEF(RAW)+JPEG:RAWとJPEGの同時記録可能

ピクチャーコントロールシステム

オート、スタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクローム、ポートレート、風景、フラット、Creative Picture Control(ドリーム、モーニング、ポップ、サンデー、ソンバー、ドラマ、サイレンス、ブリーチ、メランコリック、ピュア、デニム、トイ、セピア、ブルー、レッド、ピンク、チャコール、グラファイト、バイナリー、カーボン)、いずれも調整可能、カスタムピクチャーコントロール登録可能

記録媒体

CFexpress カード(Type B)、XQDカード

ダブルスロット

メモリーカードの順次記録、バックアップ記録、RAW+JPEG分割記録、JPEG+JPEG分割記録ならびにカード間コピー可能

対応規格

DCF 2.0、Exif 2.31

ファインダー

ファインダー

アイレベル式ペンタプリズム使用一眼レフレックス式ファインダー

視野率

  • FX:上下左右とも約100%(対実画面)

  • 1.2×:上下左右とも約97%(対実画面)

  • DX:上下左右とも約97%(対実画面)

  • 5:4:上下約100%、左右約97%(対実画面)

  • 1:1:上下約100%、左右約95%(対実画面)

  • 16:9:上下約96%、左右約100%(対実画面)

倍率

約0.72倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0 m-1のとき)

アイポイント

接眼レンズ面中央から17 mm(-1.0 m-1のとき)

視度調節範囲

-3~+1 m-1

ファインダースクリーン

B型クリアマットスクリーンⅩ(AFエリアフレーム付、構図用格子線表示可能)

ミラー

クイックリターン式

被写界深度プレビュー

Pvボタンによる絞り込み可能、露出モードAMでは設定絞り値まで絞り込み可能、PSでは制御絞り値まで絞り込み可能

レンズ絞り

瞬間復元式、電子制御式

レンズ

交換レンズ

  • G、EまたはDタイプレンズ(PCレンズ一部制限あり)

  • G、EまたはDタイプ以外のAFレンズ(IX用レンズ、F3AF用レンズ使用不可)

  • Pタイプレンズ

  • DXレンズ(撮像範囲は[DX(24×16)])

  • 非CPUレンズ(ただし、非AIレンズは使用不可):露出モードAMで使用可能

  • ファインダー撮影時は、開放F値がF5.6以上明るいレンズでフォーカスエイド可能。フォーカスポイント15点は、F8以上明るいレンズでフォーカスエイド可能。

シャッター

型式

電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター、電子シャッター

シャッタースピード

1/8000~30秒(ステップ幅:1/3、1/2、1ステップに変更可能、露出モードMでは900秒まで延長可能)、Bulb、Time、X250

フラッシュ同調シャッタースピード

X=1/250秒、1/250秒以下の低速シャッタースピードで同調

  • オートFPハイスピードシンクロ可能

レリーズ機能

レリーズモード

S(1コマ撮影)、

Cl
(低速連続撮影)、
Ch
(高速連続撮影)、Q(静音撮影)、E(セルフタイマー撮影)、
Mup
(ミラーアップ撮影)

連続撮影速度

  • Cl
    :約1~10コマ/秒
  • Ch
    :約10~14コマ/秒

  • Q:約1~5コマ/秒

セルフタイマー

作動時間:2、5、10、20秒、撮影コマ数:1~9コマ、連続撮影間隔:0.5、1、2、3秒

露出制御

測光方式

  • ファインダー撮影時:180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式

  • ライブビュー撮影時:撮像素子によるTTL測光方式

測光モード

  • マルチパターン測光:3D-RGBマルチパターン測光Ⅲ(G、EまたはDタイプレンズ使用時)、RGBマルチパターン測光Ⅲ(その他のCPUレンズ使用時)、RGBマルチパターン測光(非CPUレンズのレンズ情報手動設定時)

  • 中央部重点測光:φ12 mm 相当を測光(中央部重点度約75%)、φ8 mm、φ15 mm、φ20 mm、画面全体の平均のいずれかに変更可能(非CPUレンズおよびAF-S Fisheye NIKKOR 8–15mm f/3.5–4.5E ED使用時はφ12 mm)

  • スポット測光:約φ4 mm相当(全画面の約1.5%)を測光、フォーカスポイントに連動して測光位置可動(非CPUレンズおよびAF-S Fisheye NIKKOR 8–15mm f/3.5–4.5E ED使用時は中央に固定)

  • ハイライト重点測光:G、EまたはDタイプレンズ使用時のみ

測光範囲

  • マルチパターン測光、中央部重点測光:-3~20 EV

  • スポット測光:2~20 EV

  • ハイライト重点測光:0~20 EV

  • ISO 100、f/1.4レンズ使用時、常温20℃

露出計連動

CPU連動方式、AI方式併用

露出モード

P:プログラムオート(プログラムシフト可能)、S:シャッター優先オート、A:絞り優先オート、M:マニュアル

露出補正

範囲:±5段(動画撮影時は±3段)、補正ステップ:1/3、1/2、1ステップに変更可能

AEロック

輝度値ロック方式

ISO感度(推奨露光指数)

ISO 100~102400(ステップ幅:1/3、1/2、1ステップに変更可能)、ISO 100に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 50相当)の減感、ISO 102400に対し約0.3、0.5、0.7、1段、2段、3段、4段、5段(ISO 3280000相当)の増感、感度自動制御が可能

アクティブD-ライティング

オート、より強め2、より強め1、強め、標準、弱め、しない

オートフォーカス

方式

  • ファインダー撮影時:TTL位相差検出方式:フォーカスポイント105点(全点クロスタイプセンサー、15点はF8対応)、マルチCAM37Kオートフォーカスセンサーモジュールで検出、AF微調節可能

  • ライブビュー撮影時:コントラストAF方式、全画面の任意の位置でAF可能(顔認識AFまたはターゲット追尾AFのときは、カメラが決めた位置でAF可能)

検出範囲

–4.5~+20 EV(ISO 100、常温20℃)

レンズサーボ

  • オートフォーカス(AF):シングルAFサーボ(AF-S)、コンティニュアスAFサーボ(AF-C、ファインダー撮影時のみ、被写体条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行)、常時AFサーボ(AF-F、ライブビュー撮影時または動画撮影時のみ)

  • マニュアルフォーカス(M):フォーカスエイド可能

フォーカスポイント

105点(ファインダー撮影時、選択可能なフォーカスポイントを105点、27点、15点に変更可能)

AFエリアモード

  • ファインダー撮影時:シングルポイントAFモード、ダイナミックAFモード(9点、25点、49点、105点)、3D-トラッキング、グループエリアAFモード、グループエリアAFモード(C1)、グループエリアAFモード(C2)、オートエリアAFモード

  • ライブビュー撮影時:顔認識AF、ワイドエリアAF、ノーマルエリアAF、ターゲット追尾AF

フォーカスロック

サブセレクターの中央押しまたはシングルAFサーボ(AF-S)時にシャッターボタン半押し

フラッシュ

調光方式

180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL調光制御:i-TTL-BL調光(マルチパターン測光、中央部重点測光またはハイライト重点測光)、スタンダードi-TTL調光(スポット測光)可能

フラッシュモード

先幕シンクロ、赤目軽減、スローシンクロ、赤目軽減スローシンクロ、後幕シンクロ、発光禁止

調光補正

範囲:-3~+1段、補正ステップ:1/3、1/2、1ステップに変更可能

レディーライト

別売スピードライト使用時に充電完了で点灯、フル発光による露出警告時は点滅

アクセサリーシュー

ホットシュー(ISO 518)装備:シンクロ接点、通信接点、セーフティーロック機構(ロック穴)付

ニコンクリエイティブライティングシステム

i-TTL調光、電波制御アドバンストワイヤレスライティング、光制御アドバンストワイヤレスライティング、モデリング発光、FVロック、発光色温度情報伝達、オートFPハイスピードシンクロ、マルチポイントAF補助光(ファインダー撮影時)、ユニファイドフラッシュコントロール

シンクロターミナル

シンクロターミナル(ISO 519)装備(外れ防止ネジ付)

ホワイトバランス

ホワイトバランス

オート(3種)、自然光オート、晴天、曇天、晴天日陰、電球、蛍光灯(7種)、フラッシュ、色温度設定(2500K~10000K)、プリセットマニュアル(6件登録可、ライブビュー時にスポットホワイトバランス取得可能)、すべて微調整可能

ブラケティング

ブラケティング

AE・フラッシュブラケティング、AEブラケティング、フラッシュブラケティング、ホワイトバランスブラケティング、アクティブD-ライティングブラケティング

ライブビュー機能

撮影モード

C(静止画ライブビュー)モード、1(動画ライブビュー)モード

動画機能

測光方式

撮像素子によるTTL測光方式

測光モード

マルチパターン測光、中央部重点測光、ハイライト重点測光

記録画素数/フレームレート

  • 3840×2160(4K UHD):30p/25p/24p

  • 1920×1080:60p/50p/30p/25p/24p

  • 1280×720:60p/50p

  • 1920×1080クロップ:60p/50p/30p/25p/24p

  • 60p:59.94fps、50p:50fps、30p:29.97fps、25p:25fps、24p:23.976fps

  • 標準/c高画質選択可能(3840×2160はc高画質のみ)

ファイル形式

MOV、MP4

映像圧縮方式

H.264/MPEG-4 AVC

音声記録方式

リニアPCM(動画記録ファイル形式がMOVの場合)、AAC(動画記録ファイル形式がMP4の場合)

録音装置

内蔵ステレオマイク、外部マイク使用可能、マイク感度設定可能、アッテネーター機能

ISO感度(推奨露光指数)

  • 露出モードM:ISO 100~102400(ステップ幅:1/3、1/2、1ステップに変更可能)、ISO 102400に対し約0.3、0.5、0.7、1段、2段、3段、4段、5段(ISO 3280000相当)の増感、感度自動制御(ISO 100~Hi 5)が可能、制御上限感度が設定可能

  • 露出モードPSA:感度自動制御(ISO 100~Hi 5)、制御上限感度が設定可能

アクティブD-ライティング

より強め、強め、標準、弱め、しない

その他の機能

タイムラプス動画、電子手ブレ補正、タイムコード

画像モニター

画像モニター

3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約236万ドット(XGA)、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能(マニュアル11段階)、カラーカスタマイズ可能

再生機能

再生機能

1コマ再生、サムネイル(4、9、72分割)、拡大再生、拡大再生中のトリミング、動画再生、スライドショー(静止画/動画選択再生可能)、ヒストグラム表示、ハイライト表示、撮影情報表示、位置情報表示、レーティング、撮影画像の縦位置自動回転、インデックスマーク、音声メモ入力/再生可能、IPTCプリセット添付/表示可能

インターフェース

USB

Type-C端子(SuperSpeed USB)(標準装備されたUSBポートへの接続を推奨)

HDMI出力

HDMI端子(Type C)装備

外部マイク入力

ステレオミニジャック(φ3.5mm)、プラグインパワーマイク対応

ヘッドホン出力

ステレオミニジャック(φ3.5mm)

10ピンターミナル

あり(別売リモートコードMC-30A/MC-36Aなど使用可能)

有線LAN

RJ-45コネクター

  • 準拠規格:IEEE802.3ab(1000BASE-T)/IEEE802.3u(100BASE-TX)/IEEE802.3(10BASE-T)

  • データ転送速度(規格値:10/100/1000Mbps(自動認識)

  • ポート:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T兼用ポート(AUTO-MDIX)

  • 表示の数値は、規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

拡張端子

WT-6用

Wi-Fi(無線LAN)・Bluetooth

Wi-Fi

  • 準拠規格:IEEE802.11b/g/n/a/ac

  • 周波数範囲(中心周波数):2412~2472 MHz(13ch)、5180~5700 MHz

  • 出力(EIRP):
    6.8 dBm(2.4 GHz)
    9.3 dBm(5 GHz)

  • 認証方式:オープンシステム、WPA2-PSK

Bluetooth

  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.2

  • 周波数範囲(中心周波数)
    Bluetooth:2402~2480 MHz
    Bluetooth Low Energy:2402~2480 MHz

  • 出力(EIRP)
    Bluetooth:1.3dBm
    Bluetooth Low Energy:–0.2dBm

通信距離(見通し)

約10 m

  • 電波干渉がない場合。通信距離は遮蔽物や電波状態などにより影響されます。

位置情報機能

対応衛星

GPS衛星(アメリカ)、GLONASS衛星(ロシア)、準天頂衛星みちびき(日本)

取得情報

緯度、経度、標高、UTC(協定世界時)

時刻合わせ

位置情報機能で取得した日時情報でカメラの日時合わせ可能

ログ

NMEAフォーマット準拠

ログ取得間隔

15、30秒、1、2、5分

ログ取得時間

6、12、24時間

ログの消去

可能

電源

使用電池

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18c1個使用

  • EN-EL18cの代わりにEN-EL18b/EN-EL18a/EN-EL18も使えます。ただし、EN-EL18 を使用したときはEN-EL18c/EN-EL18b/EN-EL18aを使用したときよりも撮影可能コマ数(電池寿命)が減少します。

ACアダプター

ACアダプターEH-6c(パワーコネクターEP-6と組み合わせて使用)(別売)

三脚ネジ穴

三脚ネジ穴

1/4(ISO 1222)

寸法・質量

寸法(幅×高さ×奥行き)

約160×163×92 mm

質量

約1450 g(バッテリーおよびCFexpressカード2枚を含む、ボディーキャップ、アクセサリーシューカバーを除く)、約1270 g(本体のみ)

動作環境

温度

0℃~40℃

湿度

85%以下(結露しないこと)

  • 仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、CIPA(カメラ映像機器工業会)規格またはガイドラインに準拠しています。

  • 仕様中のデータは、フル充電バッテリー使用時のものです。

  • カメラに表示されるサンプル画像、および説明書内の画像やイラストは、機能を説明するためのイメージです。

  • 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。使用説明書の誤りなどについての補償はご容赦ください。

バッテリーチャージャーMH-26a

電源

AC 100–240 V、50/60 Hz

定格入力容量

33–43VA

充電出力

DC 12.6 V、1.2 A

適応充電池

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18c/EN-EL18b/EN-EL18a/EN-EL18

充電時間(1本あたり)

約2時間35分

  • 残量のない状態からの充電時間(周囲温度25℃)

使用温度

0℃~40℃

寸法(幅×高さ×奥行き)

約160×85×50.5 mm

電源コード

長さ約1.5m、日本国内専用AC100V対応

質量

約285g(接点保護カバー(2枚)を含む、電源コードを除く)約265g(本体のみ)

  • 製品に表示されている記号の意味は下記の通りです。

  • m AC(交流)、p DC(直流)、q クラスⅡ機器(二重絶縁構造)

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18c

形式

リチウムイオン充電池

定格容量

10.8 V、2500 mAh

使用温度

0℃~40℃

寸法(幅×高さ×奥行き)

約56.5×27×82.5 mm

質量

約160 g(端子カバーを除く)

バッテリーチャージャーMH-26aのキャリブレーションについて

バッテリーチャージャーMH-26a は、バッテリー容量を正確に表示できるかどうか検査し、調整するキャリブレーション機能を装備しています。

キャリブレーションの必要性と進行状況は、図のランプの点灯状況で確認できます。

1

動作ランプ(緑色)

2

表示ランプ(緑色)

3

CAL表示ランプ(黄色)

4

キャリブレーションボタン

CAL 表示ランプが点滅している場合は、点滅した側に装着したバッテリーにキャリブレーションの必要があることを示しています。

キャリブレーションを行うには、点滅しているCAL 表示ランプの真下にあるキャリブレーションボタンを約1 秒押してください。キャリブレーション中は、バッテリーを装着した側の動作ランプが点滅します。キャリブレーションに必要な時間は、次の表の通りです。

キャリブレーションに必要な時間

約2時間以内

約2~4時間

約4~6時間

約6時間以上

表示ランプ(緑色)

2h

I 消灯

K 点灯

K 点灯

K 点灯

4h

I 消灯

I 消灯

K 点灯

K 点灯

6h

I 消灯

I 消灯

I 消灯

K 点灯

CAL表示ランプ(黄色)

CAL ON(L)/(R)

K 点灯

K 点灯

K 点灯

K 点灯

CAL表示ランプが点滅しても、必ずしもキャリブレーションボタンを押してバッテリーのキャリブレーションを行う必要はありません。また、キャリブレーションは途中で中断することもできます。

  • CAL 表示ランプの点滅時にキャリブレーションボタンを押さなかった場合は、約10 秒後に通常の充電を開始します。

  • 途中でキャリブレーションを中断する場合は、もう一度キャリブレーションボタンを押します。測定が中断され、充電が開始されます。

キャリブレーションが完了すると、CAL表示ランプおよび全ての表示ランプが消灯し、充電を開始します。

こんなときは…
  • バッテリーを装着していないのにL およびR の動作ランプとCAL 表示ランプが交互に点滅する
    チャージャーに異常が発生しました。直ちに電源プラグをコンセントから抜いて、ニコンサービス機関に修理を依頼してください。

  • バッテリー装着時にL またはR の動作ランプとCAL 表示ランプが交互に点滅する
    充電時にバッテリーまたはチャージャーの異常が発生しました。直ちにバッテリーを取り外し、電源プラグをコンセントから抜いた後、ニコンサービス機関に修理を依頼してください。

2本のバッテリーを装着した場合

L 側、R 側の両方にバッテリーを装着している場合、装着した順番に1 本ずつ充電します。CAL 表示ランプが点滅しているときにキャリブレーションボタンを押すと、まずは最初に装着したバッテリーのキャリブレーションを行い、その後充電を行います。1 本目のバッテリーの充電が終わるまで、他のバッテリーはキャリブレーションも充電もできません。

カメラやメモリーカードを譲渡/廃棄するときのご注意

メモリーカード内のデータはカメラやパソコンで初期化または削除しただけでは、完全には削除されません。譲渡/廃棄した後に市販のデータ修復ソフトなどを使ってデータが復元され、重要なデータが流出してしまう可能性があります。メモリーカード内のデータはお客様の責任において管理してください。

メモリーカードを譲渡/廃棄する際は、市販のデータ削除専用ソフトなどを使ってデータを完全に削除するか、初期化後にメモリーカードがいっぱいになるまで、空や地面などの画像で置き換えることをおすすめします。メモリーカードを物理的に破壊して廃棄する場合は、周囲の状況やケガなどに充分ご注意ください。

本製品を譲渡/廃棄する際は、使用者によって本製品内に登録または設定された、無線LAN接続設定などの個人情報を含む内容を、カメラのセットアップメニュー[カメラの初期化]を行って削除してください。

このカメラの準拠規格
  • Design rule for Camera File system(DCF) Version 2.0:各社のデジタルカメラで記録された画像ファイルを相互に利用し合うための記録形式です。

  • Exif Version 2.31:(Exif = Exchangeable image file format for digital still cameras):デジタルカメラとプリンターの連携を強化し、高品質なプリント出力を簡単に得ることを目指した規格です。この規格に対応したプリンターをお使いになると、撮影時のカメラ情報を活かして最適なプリント出力を得ることができます。詳しくはプリンターの使用説明書をご覧ください。

  • HDMI(High-Definition Multimedia Interface):家庭用電化製品およびAV機器用のマルチメディアインターフェース規格です。1本のケーブルをつなぐだけで、画像、音声、制御信号をHDMI対応機器に送信できます。