カメラにイーサネットケーブルを接続するか、別売のワイヤレストランスミッターWT-6を装着してパソコンやFTPサーバーと通信する場合の設定を行います。

有線LAN/WTの機能

有効]に設定すると、有線LANまたはワイヤレストランスミッターを使用してネットワークに接続します。カメラに内蔵されたBluetooth機能やWi-Fi機能は無効になります。

ハードウェアの選択

カメラとネットワークの接続方法を有線LANまたは無線LANから選べます。

接続設定

ネットワークの接続設定をカメラに登録や、登録した接続設定の切り換えができます。

  • 一覧から接続設定を選んでJボタンを押すと、接続先(パソコンやFTPサーバー)に接続します。

  • カメラには最大9つの接続設定を登録することができます。

  • OQ)ボタンを押すと、選んでいる接続設定を削除できます。

  • gh/Q)ボタンを押すと、選んでいる接続設定の情報が表示されます。

    1

    接続設定名

    2

    動作モード

    3

    SSID(無線LAN接続時に表示)

    4

    通信モード

  • 接続設定を選んでWM)ボタンを押すと、選んでいる接続設定を編集できます(編集)。

連動レリーズ

ワイヤレストランスミッターWT-6を装着した複数のカメラを連動してシャッターをきる連動レリーズを行えます。詳しくは「連動レリーズモードを使用する」( 連動レリーズモードを使用する )をご覧ください。

日時を同期

2台のカメラを有線LANで接続し、カメラの内蔵時計を同期させます。詳しくは「ネットワークを使用してカメラの時計を同期する」( ネットワークを使用してカメラの時計を同期する )をご覧ください。

新規追加

カメラに接続設定を新たに追加できます。詳しくは「有線LANで接続する場合の接続設定を作成する」( 有線LANで接続する場合の接続設定を作成する )または「WT-6で接続する場合の接続設定を作成する」( WT-6で接続する場合の接続設定を作成する )をご覧ください。

項目

内容

接続ウィザード

ウィザードの指示に従って接続設定を登録できます。

手動設定

FTP画像送信モード]、[HTTPサーバーモード]の全ての設定値を手動で入力して接続設定を登録できます。

メモリーカードを使用

FTP画像送信モード]または[HTTPサーバーモード]の接続設定を共有できます。

  • カメラにメモリーカードが2枚挿入されている場合は、スロット1に挿入されたメモリーカードが対象になります。

項目

内容

カメラに登録

メモリーカードのルートディレクトリにある接続設定をカメラに登録できます。

メモリーカードにコピー

カメラにある接続設定をメモリーカードにコピーできます。コピーしたい接続設定を選んでJボタンを押すと、メモリーカードにコピーされます。

  • パスワードで保護されている接続設定はコピーできません。

編集

接続設定の設定内容(無線、TCP/IP、FTPなど)を変更できます。編集したい接続設定を選んでWM)ボタンを押すと、[編集]画面が表示されます。

接続設定編集中のご注意

カメラのシャッターボタンを半押しすると、液晶モニターが消灯し、メニュー画面を終了します。液晶モニターが消灯すると、設定中の情報は失われますのでご注意ください。

[全般]

接続設定名、パスワードによる保護の有無を設定できます。

項目

内容

接続設定名

接続設定の名称を変更できます。

パスワードによる保護

他人から接続設定の内容を見られないように、接続設定にパスワードを設定できます。

[無線]

無線関連の情報を設定できます。

項目

内容

SSID

パソコンやFTPサーバーが所属しているネットワークの識別名称です。SSIDは必ず設定してください。

通信モード

ご使用の通信環境に合わせて通信モードを選びます。

  • インフラストラクチャー]:無線LANアクセスポイントを経由して通信する場合に選びます。

  • アクセスポイント]:カメラが無線LANアクセスポイントとして動作し、パソコンまたはFTPサーバーと直接接続します。

チャンネル

通信モードが[アクセスポイント]の場合にチャンネルを設定します。通信モードが[インフラストラクチャー]の場合、チャンネルは自動的に設定されます。

ネットワーク認証

オープンシステム]、[共有キー]、[WPA-PSK]、[WPA2-PSK]のいずれかを選びます。[共有キー]、[WPA-PSK]は、[通信モード]が[インフラストラクチャー]の場合のみ選べます。

暗号化

暗号化を使用する場合に設定します。選んだ項目に合った暗号キーを入力してください。

  • 暗号化しない]:暗号化キーは設定する必要はありません。

  • WEP 64bit 16進]/[WEP 128bit 16進]:10桁(64bit)または26桁(128bit)の暗号キーを入力します。13で各桁の数値(16進数)を設定し、42で入力位置を選びます。

  • WEP 64bit 文字]/[WEP 128bit 文字]:5文字(64bit)または13文字(128bit)の暗号キーを入力します。

  • TKIP]/[AES]:ASCII文字の暗号キーを使用する場合は、8~63文字の暗号キーを入力します。16進数の暗号キーを使用する場合は、64桁の16進数を入力します。

キーインデックス

通信モード]が[インフラストラクチャー]で[暗号化]が[WEP 64bit 16進]、[WEP 64bit 文字]、[WEP 128bit 16進]、[WEP 128bit 文字]のいずれかの場合、パソコンまたはアクセスポイントの設定に合わせて設定します。

ネットワーク認証と暗号化について

ネットワーク認証]で設定した内容によって、選べる[暗号化]の種類は異なります。

ネットワーク認証の設定

選べる暗号化

オープンシステム

暗号化しない]、[WEP 64bit 16進]、[WEP 64bit 文字]、[WEP 128bit 16進]、[WEP 128bit 文字

  • 通信モード]が[アクセスポイント]の場合は[暗号化しない]のみ

共有キー

WEP 64bit 16進]、[WEP 64bit 文字]、[WEP 128bit 16進]、[WEP 128bit 文字

WPA-PSK

TKIP]、[AES

WPA2-PSK

AES

[TCP/IP]

TCP/IP関連の情報を設定できます。

項目

内容

自動取得

カメラに割り振るIPアドレスとサブネットマスクを自動で取得します。IPアドレスは、自動取得または手動入力で必ず入力してください。

  • 有効]を選ぶと、IPアドレスとサブネットマスクをDHCPサーバーまたは自動プライベートIPアドレッシングによって取得します。

  • 無効]を選んだ場合は、[アドレス](IPアドレス)と[マスク](サブネットマスク)を手動で入力してください。

ゲートウェイ

送信先のネットワークにデフォルトゲートウェイのアドレスが必要な場合に入力します。

DNSサーバー

FTPサーバーが属するネットワークにDNSサーバーが存在する場合に入力します。

[FTP]

FTP関連の情報を設定できます。

項目

内容

サーバーの種類

データ送信先のFTPサーバーの種類、アドレス(IPアドレスまたはURL)、フォルダー名、ポート番号を設定します。IPアドレスは必ず入力してください。

パッシブモード

有効]を選ぶとパッシブモードで接続します。

匿名でログイン

有効]を選ぶと匿名でFTPサーバーにログインします。FTPサーバーが匿名でのログインを許可している場合のみログインできます。[無効]を選んだ場合は、ログイン名とパスワードを手動で入力してください。

プロキシ

必要に応じて設定します。

オプション

カメラの通信機能を設定できます。設定できる項目は、現在選ばれている接続設定の種類により異なります。

撮影後自動送信

する]に設定すると、撮影と同時に画像を自動送信します。

  • 撮影された画像はいったんメモリーカードに記録され、自動的に送信設定が行われます。撮影する場合は必ずカメラにメモリーカードを挿入してください。

  • 動画および動画撮影時に撮影した静止画は自動送信されません。これらのファイルを送信するには、再生画面で送信設定してください。

送信後ファイル削除

する]に設定すると、送信終了後にメモリーカード内のファイルが自動的に削除されます。

  • する]に設定した場合、カメラのカスタムメニューd9[連番モード]の設定にかかわらず、連番モードで動作します。

  • する]に設定するよりも前に送信設定されたファイルは、送信が終了しても削除されません。

  • カメラの状態によっては、ファイルの削除を一時停止する場合があります。

RAW+JPEG送信設定

RAWとJPEGを同時に記録する画質モードで撮影された画像を送信する場合に、RAW画像とJPEG画像の両方を送信するか、JPEG画像のみを送信するかを選べます。

  • 静止画撮影メニュー[スロット2の機能]で[RAW+JPEG分割記録]を選んでいる場合、[RAW+JPEG送信設定]の設定は[撮影後自動送信]を[する]に設定して自動送信しているときのみ有効になります。

JPEG+JPEG送信設定

静止画撮影メニュー[スロット2の機能]を[JPEG+JPEG分割記録]に設定して分割記録した画像を、撮影後に自動送信する場合に、どちらのスロットに記録した画像を送信するかを選べます。

同名ファイルの上書き

する]に設定すると、送信するファイルと同じ名前のファイルが送信先フォルダー内にすでに存在する場合にファイルを上書きします。[しない]に設定すると、上書きしないようにファイル名に番号を追加して送信します。

未送信画像プロテクト

する]に設定すると、画像に送信設定マークを付加したときに自動的にプロテクトを設定します。送信を終了すると、プロテクトを解除します。

送信記録の保存

する]に設定すると、画像が送信された日時をメモリーカード内の画像に記録します。

画像が送信された日時は、ViewNX-iまたはCapture NX-Dで確認できます。詳しくは、それぞれのヘルプまたはCapture NX-Dの使用説明書をご覧ください。

フォルダー送信

選んだフォルダー内の全ての画像に送信設定をします。送信済みの画像も再送信します。

動画には送信設定をしません。動画ファイルを送信するには、再生画面で送信設定してください。

全送信マーク解除

メモリーカード内の全ての画像送信マークを解除します。画像送信中の場合は、送信を中断します。

HTTPログイン設定

HTTPサーバーモードで使用するときのユーザー名とパスワードを設定できます。

省電力設定

通信速度を優先するか、省電力を優先するかを設定できます。

  • 通信速度優先]に設定すると、FTPサーバーと通信していない場合でもLANの接続を解除しません。有線LANで通信している場合、1000BASE-Tで高速通信を行います。

  • 省電力優先]に設定すると、有線LANで通信している場合、100BASE-TXで通信を行い、消費電力を抑えます。FTPサーバーと通信していない場合は、有線LANも無線LANもLANの接続を解除します。この場合、カメラのネットワークインジケーターが消灯します。

MACアドレス

有線LAN/WTの機能]が[有効]になっている場合、[ハードウェアの選択]で設定しているハードウェアのMACアドレスが表示されます。