カメラに内蔵されている無線LAN(Wi-Fi)機能を使用するか、有線LAN接続端子に市販のイーサネットケーブルを接続すると、既存のネットワークを使用してFTPサーバーに接続して画像を送信できます。カメラとFTPサーバーを直接接続することも可能です。

FTPサーバーについて
  • Windows 10 Enterprise/Windows 10 Pro/Windows 10 Homeの場合は、OSに標準装備されているFTPサーバー機能(IIS(Internet Information Services)やFTPサービスなど)を利用してFTPサーバーを構築できます。

  • インターネットを経由したFTPサーバーへの通信、およびサードパーティー製FTPソフトによって構築したFTPサーバーでの動作はサポートしておりません。

カメラとFTPサーバーを無線LANで接続する

カメラとFTPサーバーを無線接続するには、カメラとFTPサーバーを直接無線接続するアクセスポイントモードと、ご自宅などにすでに構築されているネットワークに無線LANアクセスポイントを経由してFTPサーバーと接続するインフラストラクチャーモードの2通りの方法があります。

FTPサーバーと直接接続する(アクセスポイントモード)

カメラとFTPサーバーを直接無線接続します。カメラをアクセスポイントとして使用するため、野外など無線LAN環境がない場合でも無線接続ができ、複雑な設定も不要です。

  • カメラの接続ウィザードに従って、接続設定を登録します。

  • ネットワークメニュー[有線LAN]が[OFF]になっていることを確認してください。

  1. ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]で[接続設定]を選び、マルチセレクターの2を押す
  2. 新規追加]を選び、Jボタンを押す
  3. 接続ウィザード]を選んで2を押す

    接続ウィザード画面が表示されます。

    手動設定を行う

    手動設定]を選ぶと、接続設定の内容を全て手動で設定できます。

  4. 接続設定名を入力する
    • 変更しない場合は、そのままXボタンを押すと、接続方法の設定画面が表示されます。

    • 設定した接続設定名は、ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[接続設定]に一覧で表示されます。

    • 接続設定名を変更するには、Jボタンを押します。入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操作方法について」(入力画面の操作方法について)をご覧ください。任意の接続設定名を入力してXボタンを押すと、接続設定名を決定します。

  5. PCと直接接続]を選び、Jボタンを押す

    カメラのSSIDと暗号キーが表示されます。

  6. パソコンをカメラに接続する

    Windowsの場合

    • 画面の右下にある無線LANのアイコンをクリックしてください。

    • 手順5でカメラに表示されたSSIDを選んでクリックしてください。

    • ネットワークキーを入力する画面が表示されたら、手順5で表示された暗号キーを入力してください。カメラとパソコンの接続が開始されます。

    macOSの場合

    • 画面の右上にある無線LANのアイコンをクリックしてください。

    • 手順5でカメラに表示されたSSIDを選んでクリックしてください。

    • ネットワークキーを入力する画面が表示されたら、手順5で表示された暗号キーを入力してください。カメラとパソコンの接続が開始されます。

  7. FTPサーバーの種類を選ぶ

    FTP]または[SFTP]を選んでJボタンを押すと、ログイン方法の選択画面が表示されます。

  8. ログイン方法を選ぶ

    FTPサーバーへのログイン方法を選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    匿名でログイン

    匿名でFTPサーバーにログインします。FTPサーバーが匿名でのログインを許可している場合のみログインできます。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ログイン名を入力

    ログイン名とパスワードを手動で入力します。入力を完了してJボタンを押すと、FTPサーバーにログインします。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ポート番号について

    FTPサーバーに接続する場合、FTPサーバーの種類が[FTP]のときはTCPポート21、32768~61000、[SFTP]のときはTCPポート22、32768~61000を使用します。ファイアーウォールを設定しているFTPサーバーでは、ファイアーウォールにポート番号の例外設定を行わないと、カメラとFTPサーバー間で転送ができない場合があります。

  9. 送信先フォルダーを設定する

    送信先のフォルダーを選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    ホームフォルダー

    送信先をFTPサーバーのホームフォルダーに設定します。設定に成功した場合は、接続設定完了画面が表示されます。

    フォルダーを指定

    送信先のフォルダー名を手動で入力します。送信先のフォルダーは、あらかじめFTPサーバー側で作成しておく必要があります。入力を完了してJボタンを押すと、送信先のフォルダーを設定して接続設定完了画面が表示されます。

  10. カメラとFTPサーバーの接続を確認する

    カメラとFTPサーバーが接続されると、[FTPサーバーと接続]画面に接続設定名が緑色で点灯します。

    • 接続設定名が緑色で点灯していない場合は、FTPサーバーの無線接続設定でカメラと接続し直してください。

カメラとFTPサーバーの無線接続が完了しました。

カメラで撮影した画像をFTPサーバーに転送するには、「FTPサーバーに画像を送信する」(FTPサーバーに画像を送信する)をご覧ください。

既存のネットワークに接続する(インフラストラクチャーモード)

ご自宅などにすでに構築されているネットワークに、無線LANアクセスポイントを経由してFTPサーバーと接続します。

  • カメラの接続ウィザードに従って、接続設定を登録します。

  • 無線接続を行う場合、ネットワークメニュー[有線LAN]が[OFF]になっていることを確認してください。

インフラストラクチャーモードで接続する場合

接続先がFTPサーバーの場合、ルーターを経由して別のネットワークに接続することが可能です。

  1. ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]で[接続設定]を選び、マルチセレクターの2を押す
  2. 新規追加]を選び、Jボタンを押す
  3. 接続ウィザード]を選んで2を押す

    接続ウィザード画面が表示されます。

    手動設定を行う

    手動設定]を選ぶと、接続設定の内容を全て手動で設定できます。

  4. 接続設定名を入力する
    • 変更しない場合は、そのままXボタンを押すと、接続方法の設定画面が表示されます。

    • 設定した接続設定名は、ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[接続設定]に一覧で表示されます。

    • 接続設定名を変更するには、Jボタンを押します。入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操作方法について」(入力画面の操作方法について)をご覧ください。任意の接続設定名を入力してXボタンを押すと、接続設定名を決定します。

  5. Wi-Fi接続先を検索]を選び、Jボタンを押す

    カメラの周辺にある無線LANアクセスポイントを検索して、検出した接続先のSSIDを表示します。

    簡単接続]で接続する
    • 手順5でXボタンを押すと、SSIDや暗号キーを入力せずに無線LANアクセスポイントに接続できます。Jボタンを押して接続方法を選んでください。

      接続方法

      内容

      WPSプッシュボタン方式

      無線LANアクセスポイントにWPSプッシュボタンがある場合に使用できます。WPSプッシュボタンを押した後にカメラのJボタンを押すと、無線LANアクセスポイントに接続できます。

      WPS PINコード方式

      カメラにPINコードが表示されます。パソコンを使用して無線LANアクセスポイントにPINコードを入力します。無線LANアクセスポイントにPINコードを入力する方法については、お使いの無線LANアクセスポイントの使用説明書をご覧ください。

    • 接続が完了したら、手順8に進んでください。

  6. 接続先のSSIDを選ぶ
    • 接続先のSSIDを選んでJボタンを押します。

    • 検出されたSSIDの周波数帯をアイコンで確認できます。

    • 暗号ありのSSIDにはhが表示されます。暗号ありhのSSIDを選んだ場合は、暗号キーの設定画面が表示されます。暗号なしの接続先を選んだ場合は手順8へお進みください。

    • Xボタンを押すと無線接続先を再検索します。

    SSIDが非公開に設定されている場合

    無線LANアクセスポイントがSSIDを非公開に設定している場合、検出されたSSID一覧にSSID名が表示されません。

    • 非公開のSSIDに接続したい場合、空欄になっている項目を選択してJボタンを押してください。続いてJボタンを押すと、SSID入力画面になります。

    • 接続したいSSID名を入力し、Xボタンを押してください。もう一度Xボタンを押すと、暗号キーの設定画面が表示されます。

  7. 暗号キーを入力する
    • Jボタンを押して、無線LANアクセスポイントで使用している暗号キーを入力します。

    • 無線LANアクセスポイントの暗号キーについては、無線LANアクセスポイントの使用説明書などをご覧ください。

    • Xボタンを押して、暗号キーの入力を完了します。

    • もう一度Xボタンを押すと、接続を開始します。接続に成功すると、図のような画面が数秒間表示されます。

  8. IPアドレスの設定方法を選んで設定する
    • IPアドレスの設定方法を選んでJボタンを押します。

      設定方法

      内容

      自動取得

      カメラが自動でIPアドレスを取得します。IPアドレスを取得するとIPアドレス設定完了画面が表示されます。

      手動設定

      IPアドレス、サブネットマスクを手動で入力します。

      • Jボタンを押すと、IPアドレス入力画面が表示されます。

      • メインコマンドダイヤルを回して、変更したい桁を選びます。

      • 42を押して数値を変更し、Jボタンを押して決定します。

      • Xボタンを押すと、IPアドレス設定完了画面が表示されます。再度Xボタンを押すと、サブネットマスク入力画面が表示されます。

      • サブネットマスクは13を押して数値を変更し、Jボタンを押して決定すると、IPアドレス設定完了画面が表示されます。

    • IPアドレス設定完了画面が表示されたらJボタンを押します。

  9. FTPサーバーの種類を選ぶ

    FTP]または[SFTP]を選んでJボタンを押すと、アドレス入力画面が表示されます。

  10. FTPサーバーのアドレスを入力する

    • Jボタンを押して、FTPサーバーのIPアドレスまたはURLを入力します。

    • Xボタンを押して、入力を完了します。

    • もう一度Xボタンを押すと、カメラがFTPサーバーに接続します。接続に成功した場合は、ログイン方法の選択画面が表示されます。

  11. ログイン方法を選ぶ

    FTPサーバーへのログイン方法を選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    匿名でログイン

    匿名でFTPサーバーにログインします。FTPサーバーが匿名でのログインを許可している場合のみログインできます。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ログイン名を入力

    ログイン名とパスワードを手動で入力します。入力を完了してJボタンを押すと、FTPサーバーにログインします。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ポート番号について

    FTPサーバーに接続する場合、FTPサーバーの種類が[FTP]のときはTCPポート21、32768~61000、[SFTP]のときはTCPポート22、32768~61000を使用します。ファイアーウォールを設定しているFTPサーバーでは、ファイアーウォールにポート番号の例外設定を行わないと、カメラとFTPサーバー間で転送ができない場合があります。

  12. 送信先フォルダーを設定する

    送信先のフォルダーを選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    ホームフォルダー

    送信先をFTPサーバーのホームフォルダーに設定します。設定に成功した場合は、接続設定完了画面が表示されます。

    フォルダーを指定

    送信先のフォルダー名を手動で入力します。送信先のフォルダーは、あらかじめFTPサーバー側で作成しておく必要があります。入力を完了してJボタンを押すと、送信先のフォルダーを設定して接続設定完了画面が表示されます。

  13. カメラとFTPサーバーの接続を確認する

    カメラとFTPサーバーが接続されると、[FTPサーバーと接続]画面に接続設定名が緑色で点灯します。

カメラとFTPサーバーの無線接続が完了しました。

カメラで撮影した画像をFTPサーバーに転送するには、「FTPサーバーに画像を送信する」(FTPサーバーに画像を送信する)をご覧ください。

カメラとFTPサーバーを有線LANで接続する

有線LAN接続端子に市販のイーサネットケーブルを接続すると、カメラとFTPサーバーを直接有線LANで接続することや、既存のネットワークを使用して接続することができます。

イーサネットケーブルを接続する

カメラの有線LAN接続端子にイーサネットケーブルを差し込んでください。ケーブルは無理な力を加えず、端子に真っ直ぐに差し込んでください。イーサネットケーブルの反対側の端子は、FTPサーバーまたはルーターに接続してください。

  1. ネットワークメニュー[有線LAN]を[ON]に設定する
  2. ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]で[接続設定]を選び、マルチセレクターの2を押す
  3. 新規追加]を選び、Jボタンを押す
  4. 接続ウィザード]を選んで2を押す

    接続ウィザード画面が表示されます。

    手動設定を行う

    手動設定]を選ぶと、接続設定の内容を全て手動で設定できます。

  5. 接続設定名を入力する
    • 変更しない場合は、そのままXボタンを押すと、接続方法の設定画面が表示されます。

    • 設定した接続設定名は、ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[接続設定]に一覧で表示されます。

    • 接続設定名を変更するには、Jボタンを押します。入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操作方法について」(入力画面の操作方法について)をご覧ください。任意の接続設定名を入力してXボタンを押すと、接続設定名を決定します。

  6. IPアドレスの設定方法を選んで設定する
    • IPアドレスの設定方法を選んでJボタンを押します。

      設定方法

      内容

      自動取得

      カメラが自動でIPアドレスを取得します。IPアドレスを取得するとIPアドレス設定完了画面が表示されます。

      手動設定

      IPアドレス、サブネットマスクを手動で入力します。

      • Jボタンを押すと、IPアドレス入力画面が表示されます。

      • メインコマンドダイヤルを回して、変更したい桁を選びます。

      • 42を押して数値を変更し、Jボタンを押して決定します。

      • Xボタンを押すと、IPアドレス設定完了画面が表示されます。再度Xボタンを押すと、サブネットマスク入力画面が表示されます。

      • サブネットマスクは13を押して数値を変更し、Jボタンを押して決定すると、IPアドレス設定完了画面が表示されます。

    • IPアドレス設定完了画面が表示されたらJボタンを押します。

  7. FTPサーバーの種類を選ぶ

    FTP]または[SFTP]を選んでJボタンを押すと、アドレス入力画面が表示されます。

  8. FTPサーバーのアドレスを入力する

    • Jボタンを押して、FTPサーバーのIPアドレスまたはURLを入力します。

    • Xボタンを押して、入力を完了します。

    • もう一度Xボタンを押すと、カメラがFTPサーバーに接続します。接続に成功した場合は、ログイン方法の選択画面が表示されます。

  9. ログイン方法を選ぶ

    FTPサーバーへのログイン方法を選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    匿名でログイン

    匿名でFTPサーバーにログインします。FTPサーバーが匿名でのログインを許可している場合のみログインできます。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ログイン名を入力

    ログイン名とパスワードを手動で入力します。入力を完了してJボタンを押すと、FTPサーバーにログインします。ログインに成功した場合は、送信先フォルダーの設定画面が表示されます。

    ポート番号について

    FTPサーバーに接続する場合、FTPサーバーの種類が[FTP]のときはTCPポート21、32768~61000、[SFTP]のときはTCPポート22、32768~61000を使用します。ファイアーウォールを設定しているFTPサーバーでは、ファイアーウォールにポート番号の例外設定を行わないと、カメラとFTPサーバー間で転送ができない場合があります。

  10. 送信先フォルダーを設定する

    送信先のフォルダーを選んでJボタンを押します。

    項目

    内容

    ホームフォルダー

    送信先をFTPサーバーのホームフォルダーに設定します。設定に成功した場合は、接続設定完了画面が表示されます。

    フォルダーを指定

    送信先のフォルダー名を手動で入力します。送信先のフォルダーは、あらかじめFTPサーバー側で作成しておく必要があります。入力を完了してJボタンを押すと、送信先のフォルダーを設定して接続設定完了画面が表示されます。

  11. カメラとFTPサーバーの接続を確認する

    カメラとFTPサーバーが接続されると、[FTPサーバーと接続]画面に接続設定名が緑色で点灯します。

カメラとFTPサーバーの接続設定が完了しました。

カメラで撮影した画像をFTPサーバーに転送するには、「FTPサーバーに画像を送信する」(FTPサーバーに画像を送信する)をご覧ください。

FTPサーバーに画像を送信する

再生画面で選んだ画像をFTPサーバーに送信できます。カメラで撮影するたびに自動で送信することもできます。

  • 画像を送信する前に、カメラをFTPサーバーに無線または有線接続してください。ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[接続設定]で接続設定を選んで接続を行います。

  • カメラとFTPサーバーが接続されると、[FTPサーバーと接続]画面に接続設定名が緑色で点灯します。

アクセスポイントモードで送信する場合のご注意

カメラで接続設定を選んでカメラのWi-Fi通信機能が開始された後に、FTPサーバーを無線接続してください。

画像を選んで送信する

  1. カメラのKボタンを押して1コマ表示モードまたはサムネイル表示モードにする

  2. 送信したい画像を選んでiボタンを押す
  3. 送信指定(FTP)]を選んでJボタンを押す
    • 優先送信設定マーク(白色)が付加されます。ネットワークに接続済みの場合、すぐに送信が始まります(送信マークが緑色に変わります)。

    • 送信指定した画像がある状態でネットワークに接続すると、自動的に送信が開始されます。

    • 複数の画像を送信する場合は、手順2~3を繰り返してください。

送信指定を解除するには
  • 解除したい画像を選んで、手順2と3を行います。

  • ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[オプション]>[全送信マーク解除]で一括解除できます。

条件に当てはまる画像だけを送信するには

再生時のiメニューで[フィルター再生]を行うと、設定された条件に当てはまる画像のみ再生されます(フィルター再生する)。iメニューで[一括送信指定(FTP)]を選んでJボタンを押すと、再生対象の画像全てに送信設定マークが付加されます。

撮影した画像を自動で送信する

ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[オプション]>[撮影後自動送信]を[ON]に設定すると、静止画を撮影するたびにFTPサーバーに転送します。

  • 画像はメモリーカードに記録されてから自動的に送信設定が行われます。撮影する場合は必ずカメラにメモリーカードを挿入してください。

  • 動画は自動送信されません。再生画面で送信設定してください。

マーク表示について

送信する画像には次のようなマークが表示されます。

s(白):送信予定の画像(優先送信設定マーク)

手動で送信設定した画像に表示されます。Wの画像がある場合でも、優先して画像が送信されます。

W(白):送信予定の画像(送信設定マーク)

一括送信設定または自動送信で送信設定され、これから送信される画像の送信設定マークは白色で表示されます。

X(緑):送信中の画像(送信中マーク)

画像の送信中は送信設定マークが緑色で表示されます。

Y(青):送信済みの画像(送信済みマーク)

画像が正常に送信された場合、送信設定マークが青色に変わります。

画像送信時の[FTPサーバーと接続]画面

FTPサーバーと接続]画面では、次の状態が確認できます。

1

接続状態:接続状態を表します。接続されたときは接続設定名が緑色で表示されます。

データを送信中の場合、接続設定名の下に「(送信中のファイル名)」+「送信中」と表示されます。エラーが発生した場合には、エラーの内容およびエラーコードが表示されます(エラーコードについて)。

2

電波状態:有線LAN接続時には、有線LANアイコンdが表示されます。無線LAN接続時には、電波の状態がアイコンで表示されます。

3

周波数帯:インフラストラクチャーモードで無線接続している場合、接続しているSSIDの周波数帯が表示されます。

4

残り:送信予定のコマ数と、残りの送信予定時間を表示します。表示される時間は目安です。

電波状態による送信の中断について

無線LAN接続時、電波状態によっては送信が一時中断されることがあります。この場合、電波状態が回復した後、カメラの電源をいったんOFFにして再度ONにすると、送信設定マークが表示された画像の送信を再開します。

送信中のご注意

送信中はメモリーカードやイーサネットケーブルの抜き差しを絶対に行わないでください。

プロテクトした画像の送信

FTPサーバーに送信して保存された画像のプロテクトは解除されています。画像に目印を付けたい場合、レーティングを設定することをおすすめします(画像にレーティングを設定する)。

音声メモを録音した画像の送信

録音した音声メモも同時に送信されます。ただし、音声メモのみを送信することはできません。

画像転送中にカメラの電源をOFFにした場合

送信設定は保持されるため、再度電源をONにすると、送信設定マークが表示された画像は送信が再開されます。

通信状態について

カメラとFTPサーバーの通信状態は、カメラのネットワークインジケーターで確認できます。

ネットワークインジケーター

状態

I(消灯)

通信が行われていません。

K(緑点灯)

FTPサーバーとの接続を待っています。

H(緑点滅)

FTPサーバーと接続しています。

H(橙点滅)

FTPサーバーとの通信エラーです。

FTPサーバーとのネットワーク接続を解除する

FTPサーバーとのネットワーク接続を解除するには、次の方法があります。

  • カメラの電源をOFFにする

  • ネットワークメニュー[FTPサーバーと接続]>[接続設定]で[接続設定解除]を選ぶ

  • スマートフォンとWi-Fi接続またはBluetooth接続を開始する

アクセスポイントモードで接続している場合

FTPサーバーの無線接続を先に解除すると通信エラーになります。カメラのネットワーク接続を先に解除してください。