カスタムメニューf2[カスタムボタンの機能(撮影)]でボタンに割り当てられる機能の[高周波フリッカー低減]が、静止画撮影メニューおよび動画撮影メニューにも追加されました。[する(高分解能シャッター設定)]に設定すると、シャッタースピードを1/8000~1/30に設定している場合にシャッタースピードを通常より細かいステップ幅で調整でき、フリッカー現象の影響が少ないシャッタースピードをモニターで確認しながら設定できます。

  • カスタムメニューb7[絞り値変化時の露出維持]で[ISO感度]を選んで露出を維持する設定にしている場合、高周波フリッカー低減機能をオンにしている間も露出を維持するようになりました。